管弦楽部に入部しました

ゴールデンウィークも行ってしまいましたね。いよいよ今日から、学校もお仕事もスタートです。
先日提出した入部届が、受理され、連休前に正式に管弦楽部の部員となれた郁。今朝は、はりきってヴァイオリンを背負っていきました。無事に「ヴァイオリン」になれたようです。

郁の話だと、30名近い1年生が入部したようです。
それぞれ希望の楽器はあるものの、オーケストラの編成から、各楽器の人数はある程度決まっているため、今年の1年生が入れる枠は基本的には引退した3年生の枠となります。だから、今年度は募集のない楽器も・・・。担当楽器を決めるのは、顧問の先生ですが、それを決めるための材料として重要なのが、仮入部期間の様々な楽器体験の様子なのだそうです。弦と管、それそれ特徴があり、やはり合う合わない・・・もある。そのため、新入生のお世話役の高校1年生は、新入生に仮入部期間に様々な楽器体験をさせて、観察しているのだそうだ。仮入部の時、一応第4希望まで書いて出している新入生。人気は、弦ならヴァイオリン、管ならフルートだそうです。
郁のような経験者は、経験のある楽器になる場合が多いようですが、なかなか第一希望の楽器になれない場合も多いのかもしれません・・・。ただ、多くの子どもたちは、これから先輩の指導で一から始めることになります。たぶん、やり始めたら、これまで知らなかったその楽器の良さを感じることができて、好きになっていくのでしょうね。がんばれ1年生! 郁も、夏までは「基礎練習」をみっちりやることになります。


1年生は、中間テストが終わるまでは放課後の延長届が出せないため、今しばらくは17時完全下校のままだそうです。そのため放課後の部活の時間は短いのですが、、朝と昼の自主練は参加可ということで、郁は指導担当の先輩に既にお願いしてきたそうです。いよいよ郁の部活生活の始まりです


 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ