今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

中学生の能率手帳;スコラライト

小学校の時には、「連絡帳」」がありました。郁の小学校は、学校独自の手帳があり、毎日、宿題と翌日の日課を書いて帰っていました。
さて、中学生になると「連絡帳」はないんだよね、どうしようか・・・と思っていたら、ありました

郁たちの学校で使用しているのは「能率手帳スコラライト」という手帳です。
「能率手帳ビジネス手帳」の生徒版。「スコラ」が高校生用、「スコラライト」が中学生用みたいです。
郁たちは、時間割を持たないので、毎日、翌日の時間割(日課)と持参物等を書いて帰ってきます。そして、1日の終わりに、その日を振り返り、感想(日記)を一言書くことになっています。また、週の初めには、その週の目標ややることを書き、週の終わりにはその結果を振り返り、翌週につなげる・・・見開きの2ページで1週間が見える手帳です。郁たちは、週初めに担任に提出し、コメントをもらっています。

能率手帳プランナーのHPによると、この手帳は、「能率手帳スコラプログラム」という自らが学び考え行動できる自己管理能力の育成の為に設計された「教育プログラム」なのだそうです。この手帳で、「書く」「時間を意識する」「考える」を習慣化することができ、それによりPDCAサイクルが自然と身につき、自己管理力を育成することができるのだそうです。教師向けの指導書や生徒向けのDVDも準備されています。以前、新聞に取り上げられたこともあるようで、書籍も出ていました。
たかが「手帳」、されど「手帳」なのですね。びっくりです。

郁たちは、特にこの手帳について詳しく説明されたわけではないようですが、とりあえず、毎日、日課は書いています。時間を区切って、予定ややったことを書いていくので、確かに「時間」を意識するようになるのかもしれません。日記は、週末にまとめて書いていますが、まあ、それで1週間を振り返ることができているという面もあるようです。中学生時代のいい記録としても残るような気がします。

昨日、たまたま帰りの電車が一緒になった小学校時代の同級生(中高一貫の女子校生)も、同じ「スコラライト」を使っていたと郁が話していました。
中学校には結構浸透している手帳なのですね。
ちなみに、能率手帳公式通販サイトから購入できます(定価1,575円)。


<参考>

ビジネス手帳で中高生の「生活習慣力」がみるみる変わった!ビジネス手帳で中高生の「生活習慣力」がみるみる変わった!
(2012/10/31)
不明

商品詳細を見る



 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2013/05/02 】 中学校生活 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する