今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

「出席簿」行方不明事件

入学式の翌日、帰宅するなり郁曰く、
「私、『クラス代表委員』になっちゃった  」

・・・はあ
一瞬、驚いたが、さもありなん。そのまま爆笑した母であった。

クラス代表委員は男女1人ずつ。任期は半期(つまり、前期・後期、男女各1人)。
男子は、推薦で名前の挙がった子が、すんなりOKして決定。
女子は、立候補者が3名!!。もちろんそのうちの1人が郁でした。3人がじゃんけんをして前期、後期の委員を決めたそうです。先生から「『クラス代表委員』は大変だぞ」と散々脅されたので、じゃんけんは負けた人から委員になったそうな。初めての何も変わらないところで、いきなり立候補しちゃうところが、郁らしくて、思わず爆笑してしまった母なのです。

「自由・自主・自立」の精神にあこがれて入学した郁。最初から全開モード。
ただ、小学校の時には「できる優等生」役をこなしていた郁も、ここでは「心配性のドジな普通の女の子」と素地でいられるようです。男子の委員さんともうまくやっているらしい・・・(お世話かけしてます)。日々の出来事から推察すると、郁は、クラス代表委員として、みんなを引っ張るというより、みんなに助けてもらいながら、みんなを巻き込んで一緒にやっているようです。

昨日は、教室移動の後、「出席簿」が行方不明となり、昼休みに大騒ぎしてみんなで探したらしい。教室移動のある授業で「出席簿」を持参するのは「クラス代表委員」のお役目。男子の委員の子は、担任のいる部屋(※)まで走って聞きに行くも、わからず。結局、理科室に忘れていたのを、理科の先生が保管されていたのですが、先生が保管されていたために、理科室に残っていなかったことが、ますます騒ぎを大きくしたらしい・・・。
まあ、担任によると「出席簿置き忘れ・行方不明」事件は、よくあることとか・・・。
前期は、まだスタートしたばかり。
今回のことを教訓に、次は気を付けてね。


※ 郁の学校には、「職員室」がありません。
  先生方は、それぞれの教科研究室または所属部局室にいらっしゃるので、
  郁たちは、入学オリでもらった先生の名簿の一覧をみながら、先生を探
  します。
  すべての建物が、屋根付き廊下続きではないので・・・、雨が降ると大変かも。




 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ ワーキングマザーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
【 2013/04/17 】 中学校生活 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する