出願準備スタート;担任への「内申書」作成依頼終了

baronn2



12月に入り、寒さも、ぐっと厳しくなってきましたね  
いよいよ出願準備が具体的にスタートした我が家です。

先週の放課後、担任の先生に内申書作成の依頼に行ってきました。前期終了時の個人面談で、外部受験をするので、いずれ内申書をお願いする旨は既に伝えていましたから、連絡帳で訪問日時の打ち合わせをしただけで、スムーズに進みました。

複数校受験する場合、それぞれの学校の内申書が区別できるようにして厳封していただくことが必要です。「内申書」の用紙自体に学校名が書いてあるものもありますが、学校名の記載のない「内申書」の用紙もあります。
一括してお渡ししたのでは、わかりにくいと考え、受験校数のクリアファイルを準備しました。
学校ごとにクリアファイルに分け、その学校の「内申書」の用紙とそのコピー、そして募集要項の必要事項の書いてあるページのコピーを入れてお願いしました。
「特技・趣味」等の欄には、学校以外で得た検定資格等も書いていただけるということを確認し、「英検準2級」の合格証明書のコピーも一緒にお渡ししました。

郁の学校は、毎年、受験する子が数名いますし、また、郁の担任は昨年も6年生の担任だったこともあって、依頼に対しては特に問題はありませんでした。逆に、先生から何も聞かれなかったことに拍子抜けしました。第一志望校等を聞かれるかと思っていたのですが・・・。「受験」はあくまでも個人のことなので、学校は必要以上に立ち入らないというスタンスのように感じました。


出願期間は1月に入ってからなので、「内申書」は、冬休みに入る前までには受け取る予定です。

とりあえず、一つ終了、次は「証明写真」です。




 読んでいただいてありがとうございました 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 主婦日記ブログ 兼業主婦へ
にほんブログ村



中学校受験 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ