スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今更ながら、「過去問」

今日から、入試対策ゼミが始まります。
県外進学希望者の志望校はほぼ限られているので、その学校の過去問やそこからの想定問題を解いていくようです。県外進学希望者のターゲット校は3校。郁たちだけでなく、ほかの塾でも受験校の傾向は同じ。郁の話だと、ほかの塾でも、過去問を解き始めているようです。

さて、塾を信頼してお任せするといっても、親としても過去問は気になります。郁たちは、夏期講習中に「算数」のみ過去問をやっていましたが、ほかの科目はまだ全く手を付けていません(たぶん、今日からのゼミでやる予定だからかも・・・)。そこで、遅ればせながら、第一志望校の過去問を入手しました(とりあえず、過去5年分)。

いやー、びっくりしました 
国語の解答用紙、記述欄ばかりです。
「・・・説明しなさい。」、「理由を書きなさい。」などなど・・・。とにかく書かせます。50分という試験時間内に、長文2つ読んで、とにかく文章で説明することが求められています。口頭で説明できても、文章として的確に記述するのは難しい。それも時間制限が・・・。これを、小学生求めるのか・・・。
「理科」「社会」は、合わせて50分の試験時間で、「理科」大問4題、「社会」大問6題、問題用紙だけで合わせて9枚(B4版)。資料や図の読み取り、記述多数あり・・・。50分でこれを求めるのか・・・。
ここまでくれば、「算数」は言わずもがな・・・。

今更、こんなことに驚いている親も親。
「偏差値」だけではわからないその学校の出題傾向(いえいえ、偏差値も十分に高いのですが・・・)。
さて、これからが「過去問」本番です。

記述欄だらけの国語の解答用紙
kaitouyousi

スポンサーサイト

Comments - 0

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。