あと5か月;「塾」を信頼して頑張ろう!

いよいよ、9月になりましたね。
塾は、8月末~9月のはじめはお休みで、昨日はちょっとだけ余裕のあった郁です。一昨夜は、「高校生クイズ」だったので夜更かしした分、昨日は朝寝坊・・・なかなか得られない「至福の時」。

塾の授業はお休みだったのですが・・・、一昨日、母は塾の先生と面接しました。
郁の通っている塾は、地方の老舗(?)の大手進学塾です。市内にあるめぼしい塾のいくつかを経験した上で、郁と相性の良い塾を郁が選び、5年生の春から通塾しています。塾生とも先生とも相性がよく、楽しく通っています(進学塾が「楽しく」ていいのかはやや疑問もありますが・・・)。

郁の教室(クラス)は10名ぐらいで、そのうち約半数が郁のような県外受験組。クラスの塾生が少ないことで、各先生は生徒一人一人の志望校とその子の特徴をよく把握されているのがいいところ・・・。ただ、教室の雰囲気としては結構「ゆるい」ようです。本校のような大きな教室に比べれば、切迫感、危機感は少ないかも。先生が悪いわけではないのですが、やはり、教室の先生の教え方にも甘いところが・・・。
そこを補うためか、6年生の「算数」、「国語」だけは本校から中学受験専門の先生が来られています。
もともと「国語」は得意(好き)だった郁なので、変化はわかりませんが、「算数」に対する取り組み方は明らかに変わりました。「受験算数」が面白く(楽しく)なってきたようです。やはり、先生の教え方の影響でしょうか・・・。9月からは、「算数」の個別授業もとります。本校から来られている今の先生だから郁もやる気になりました。これまでも、早めに教室に行くと、指導をしてくださっていたのですが、これからは志望校を念頭に置いた個別演習をしてくださることになっています。

受験まで5か月を切りました(最初の受験予定日まで4か月)。
働く母は、なかなか全面的にサポートすることができません。後期が始まれば、母もバタバタになることは目に見えています。そんな我が家にとって、頼みの綱は「塾」。
週3日の通常授業(平日2日+土)と、週1日(日)の対策ゼミ。平日の夜は21:00までの延長授業です。(田舎の)小学生としては過酷な生活になります。学校の方は、9月中旬まではプール、11月には持久走大会・・・まだ、体力のいる行事が残っています。休日がなくなるのは痛いなあ 
それでも、受験すると決めてここまで来たのですから、頑張るしかありません。郁の行きたい学校に行くためには、受験が必要なのです。
一昨日の塾での面接を終えて、母は、受験に関しては「塾」と郁自身を信頼して、これからの5か月を過ごすことに決めました(もちろん、すべてお任せとはいきませんが・・・)。母の主な仕事は、健康管理と心理的サポート・・・。追い詰めないように支援したいと思っています。


我が家の次女も応援します!
koutya


 読んでいただいてありがとうございました 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


中学校受験 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは

塾への信頼が潔くてステキです。
うちは首都圏の中堅塾なので大規模塾に比べると人数が少なく信じ切っていいのか心配なのですが親が動揺していてはいけませんよね。

にーさ母 さま

コメントありがとうございます。
いろいろ悩みますよね。
塾をどこまで信頼するか・・・難しいところです。ただ働く母は、そうしないと受験を乗り切れない・・・というのが本音。うちは、地方で受験する学校が限られているので、地元塾のデータはある程度信頼できるのではと思っています。首都圏に比べれば、まだまだ「ゆるーい」中学受験です。
塾とは別にZ会の添削コースはやってます・・・。塾の模試に比べると、採点が厳しいのがいいところです。記述問題の「漢字」で減点されたりしてます(間違っているわけではないが、雑な字も減点対象)。
応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ