今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
071234567891011121314151617181920212223242526272829303109

今日は「英検」;小学生の英語力はどこまで?!

今日、「英検」です。「準2級」を受験しました。
英語教室の模擬テストでは、かろうじて合格ラインを超えていましたが、まあどちらに転ぶかはわからないという状況です(本人は「できた~」と言って帰ってきましたが・・・)。今回の結果がどうであれ、郁にとっては、小学生としての最後の英検受験。受験勉強と並行して英検の勉強ができるほど郁には余裕はありませんから・・・。

このあたりの私立の中高一貫学校では、「英語」教育に力を入れていることを強調しているところが結構あります。先日、オープンスクールに行った学校でも、ネイティヴスピーカーによる英語の授業が重視されていて、中学校卒業時に「英検準2級」の取得が目標となっていました。
たまたま、その会場で郁が声をかけた子とそのお母さまと一緒に、後半の校内見学をしたのですが、その時にそのお母様から「英語は何かされてますか?」と聞かれました。その方は、子どもに英語を全くやらせていないので、中学校に入ってやっていけるか心配している、そのため個別相談で、英語のことを確認して帰るとおっしゃっていました。個別相談まではご一緒しませんでしたので、中学校側がどうお答えになったのかはわかりません。
ただ、小学校の「英語」は、英語に親しむことが目的ですから、当たり前のことですが、中学入試に「英語」はありません。だから、中学側が新入生に「英語」ができることを期待はしていないだろうと考えています。入学時点の差ではなく、入学してから、公立中学校よりも効果的に学ぶことができるプログラムが準備されているということだと理解しているのですが・・・。


我が家は、母の「英語で苦労した経験」から、幼稚園の時から「英語」を習わせ始めました。中1で躓いた英語に一生苦労させられている母です。
郁は、幸いにも「英語」を好きになったため、これまで続いています。ずっとネイティヴスピーカーの先生を相手にやっているので、日常会話はそれなりにできるようです。文法は、なかなか追いつきませんが・・・。
ただ、この「英語」の先取り学習は、いつまでもつのでしょうか・・・。中学校入学当初は余裕があるのでしょうが、ぼやぼやしていると、これまでの7年間の学習は、あっという間に追いつかれてしまうかもしれません。
まあ、「発音の良さ」と「ネイティヴスピーカーの方と物おじせずに話せる」といったところは、小さい時からやってよかたところかなと、今は思っています。


5~3級は1回の受験でクリアした郁ですが、準2級は・・・
無事に一次試験をクリアしたら、7月8日(日)が二次試験です。






にほんブログ村 子育てブログ 小学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ ヴァイオリンへ
にほんブログ村


中学校受験 ブログランキングへ
スポンサーサイト
【 2012/06/10 】 学習 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する