スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪ はじめまして ♪

郁のヴァイオリンは4/4サイズになりました。
昨日のレッスンの時、先生が選ばれた2挺のうちから、郁は明るい色の明るい音の出る方のヴァイオリンを選びました。郁にとっては生涯のパートナーとなるヴァイオリン・・・。
Cremona生まれのそのヴァイオリンに、郁は「sunny」と名付けました。

これを機に、郁とsunnyのこれからを綴っていきたいと思います。

-------------------------------

実は、郁が初めてヴァイオリンに触れたのは、ほんの1年前です。そう、ほんの初心者なのです。小学校の弦楽部の練習を見て、去年の夏休みに途中入部しました。その後、すっかりヴァイオリンにはまってしまい、今年の1月から個人レッスンを受け始めました。弦楽部では、みんな学校のヴァイオリンを使うのですが、個人レッスンを始めるとそうはいきません。そこでは、先生に選んでいただいた3/4サイズのsuzukiの(練習用)ヴァイオリンでレッスンをスタートしました。郁がつけたそのこの名前は「キレネンコ」・・・。
考えてみれば、「キレネンコ」とは短いお付き合いでした。でも、最初の一番大変な時期を一緒に過ごしてくれたヴァイオリンかもしれません。昨日から、パートナーの座を「sunny」に譲った「キレネンコ」ですが、磨かれてケースに収められ、「sunny」の隣に鎮座しています。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。