塾の面談(その2)

郁が通っているもう一つの塾(対面授業の予備校)の二者面談がありました。昨年は数学の先生が担任(?)でしたが、今年は英語の先生のようです。というわけで、今回は英語の学習方法に関する助言が充実?

まず言われたのは、郁の場合、長文は感覚で読めてしまっているので、長文を多読してもダメ。基本の問題集をとにかく丁寧にやること。そこで薦められたのは「基礎英文問題精講(旺文社)」でした。薦められると、すぐに購入に走る郁(その後、やるかどうかは別・・・)。面談のあと本屋によってしっかり購入して帰ってきました。
 
「チャート式の数学」と並んで、昔からある定番の英語の受験対策用問題集「問題精講」。
旺文社のHPによると、このシリーズは、1933年が初版という強者。その昔、母も使いました。表紙のデザインは変わっていましたが、B6判という大きさは同じです。中身は・・・?、母は全く覚えていません。奥付によると「基礎英文問題精講」の初版は1982年、現在は2004年発行の三訂版です。計算上では母が使ったのは初版となります。それにしても、2004年と言えば、13年前。良問は変わらないということなのでしょうね。

もう一つ言われたことは、単語帳は「システム英単語(通称:シス単)」を1冊をしっかりやる。シス単にない単語が出題された場合は、文脈から推察すべき単語と考えること。単語帳もいろいろあるので、特に「シス単」でなくてもいいかもしれませんが、郁の場合、学校の副読本として使っていることもあるので。1年生の時から毎週小テストを繰り返しているようですが、どこまで定着しているのか・・・? とにかくやるしかないね。面接した先生によると、郁の志望校の入試問題は、日本でも一二を争うぐらいの難しさだそうですから・・・^_^;

ちなみに、先日の数学の単元テスト、2番目のクラスではTOPだったようです。つまり、一番上のクラスのレベルには達しなかったということ・・・(T_T)。担当の先生的には、今のクラスを続けたい郁。だから、一番上のクラスに上がりたかったわけではないのですが、テスト結果は一番上のクラスの友だちに負けたくなかったようです。その意味では、悔しい結果に。テスト前は、結構頑張っていたのですが、やはりガチの理系には追いつかない・・・。地道の頑張るしかありませんね。
    
次は塾の「英語」の単元テストが迫っています・・・。
こっちは、上位クラスから落ちるわけにはいきません。先生の助言をもとに、構文をしっかり意識して、穴埋め問題に対応できるように準備をしているようです。さてさてどうなる・・・。




スポンサーサイト
応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ