最後の発表会の選曲

金曜日に無事に(?)中間テストが終了した郁です。今日は朝から早速ヴァイオリンの個人レッスン。その後はお友だちと美術館へ・・・。すでに夕方になりつつありますが、未だ帰ってくる気配なし・・・です。

部活の方は8月で引退となる郁。ただ、ヴァイオリン自体は、12月のヴァイオリン教室の発表会まで続けます。というわけで、今年の発表会は郁にとって(とりあえず)この教室での最後の発表会となります。そのため、今年の曲選びは、先生も郁も気合がはいっていました。これまで、郁は発表会で協奏曲を弾いたことがなかったので、今年の選曲は協奏曲からということになったようです。
そして、先生が推薦にされた数曲の中から郁が選んだのは・・・


Mozart Violin Concerto No.5 in A Major 1st movment

この曲は、19歳の最後に書き上げたモーツアルトの最後のヴァイオリン協奏曲なのだそうです。実は「トルコ風」という副題がついているのですがこれは第3楽章にトルコ行進曲風のリズムが現れるからで、第一楽章を聞いただけではそんな印象はありませんね。メンデルスゾーンのような短調ではなく、長調の曲を選んだところは郁らしいのですが、さてさて郁の技量で大丈夫なのでしょうか・・・。

12月の発表会まで約7か月。長いような気もしますが、その間、定演、学生オケ、そして「四季」のアンサンブル・・・といろいろあります。「部活引退したら、受験勉強する時間ができるから^^;」なんて言っていましたが、どうも雲行きが怪しいです。まあ、でもここまで来たら、やるだけやっていただくしかないですね。

それにしても、今日はいつ帰ってくるのだろう?
ただ今、17:50です。


スポンサーサイト
応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ