今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005
月別アーカイブ  【 2016年04月 】 

2016年度第1回英検申込?!

庭のさくらんぼが色づき始めました。
まだ、「ひと」が食べるのには早い色付き具合なのですが、もうお食事に来ている方があります。それはヒヨドリさんです。色のよさそうなのを目ざとく見つけているみたいです。まあ、毎年の風景なのですが、だからといって、ネット(網)を掛けるほどのものでもないので、毎年仲良く分け合っています

--------------------------

英検の2016年度第1回検定の受け付けが始まっていますね。郁の学校でも申し込み用紙が配布されたみたいです。
郁の学校は、毎回、特別準会場となっているのですが、学校として検定の取得を特別に推進しているわけではありません。だから、学年による目標級等もありません。郁曰く、「だって、個人のことだから。受けたい人は受けるし、受ける必要を感じない人は受けないって感じ。」 先輩たちの中には、下の級から順に受けるのではなく、高2になって、いきなり準2級とか、2級とかを受ける人も多いようです。ただ、高校卒業時に準2級、2級を取得していることは特別なことではない(2級は「高校卒業程度」)ので、たとえ取得しても、内申書対策にはなりません。とりあえず、内申書の記載事項を一つ増やす・・・って感じなのでしょうか。
国立大学の場合、英検の取得で「判定優遇」されることはほとんどなく、AOや推薦の出願条件や、入学後の単位認定に使われています(残念ながら、郁の志望校にはありません)。それも、ほとんどが「準1級(大学中級程度)」以上がです。


さて、中3でなんとか2級をクリアした郁なのですが、今回、無謀にも「準1級」の申し込みをしていました。学校での申し込み時点では、希望の級等を書いて出すだけで、検定料を支払う必要ないので、学校で申込用紙をもらった時に、自分で書いて提出したそうです。母には事後報告・・・。
勉強を全然していないのにと驚く母に、郁曰く、
「とりあえず、どんなものなのか知るために、1回受けてみる  」。

HPとか問題集とかで、十分どんなものかはわかるはずなのですが・・・。先生に申込書を提出した時に「おっ、勉強は進んでいるのか?」と問われ、上記のようなことを言ったら、笑われたそうです。でも、毎年、そういう受験の仕方をする子はいるようで、受験を止められることはありませんでした(申込者が増えると、手続きをする先生の手間も増えることになるのですが・・・)。

まだ、準1級はテキストも問題にも目を通したことのない郁です(母にとっても、未知の世界)。これから中間考査もあるし、文化祭に向けてクラスも部活も忙しくなる時期なので、英検対策をする時間はあまり取れないと思いますが、テキストぐらいは購入しておこうと思う母です。ただ、2級を受験した時に感じたのは、英検対策のテキストを1からやらなくても、学校の授業で学んでいる内容で、ある程度は英検に対応することができるということです(当たり前のことかも)。今回から筆記があるので、郁にはちょっとハードルが高いのですが・・・。
さて、どうなりますやら・・・。とりあえず、郁は、一次試験の日だけを予定表に書き込んでいました。

--------------------------------------------------------
2016年度第1回検定試験
 申込期間:5月20日まで(書店は5月18日締切)
 一次試験:本会場:6月12日(日)
        準会場(すべての団体) :6月11日(土)、12日(日)
        準会場(中学・高校のみ):6月10日(金)
 二次試験:7月10日(日)
---------------------------------------------------------

スポンサーサイト
【 2016/04/30 】 高校1年生 | TB(-) | CM(2)