今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010
月別アーカイブ  【 2015年09月 】 

今回も「思い立ったが吉日」小旅行

【平成27年9月22日(火)の日記】


シルバーウィーク中は、初日の土曜日に部活の予定が入っているだけで、あとは白紙だった郁。「連休中、どうするの? どっかいくぅ?」と、のんきに話しているうちに、連休に突入。このままお勉強しつつ、ゆっくりお家で過ごすのかと思いきや、連日「ひま~」の連発。お友だちも、いたりいなかったりで、なかなかみんなで遊ぶ日もとれないようで・・・。

そこで、「どっか行く?」という話に・・・。
と言っても、郁のお気に入りの太宰府・九博(九州国立博物館)は、夏休みに行ったばかり。現在の展示内容も、興味が持てず。そのときに思い立ったのが、「思い立ったが吉日( 」の京都。京博は大きな展覧会の合間の時期だったのですが、京都市立美術館で興味深い展覧会をやっていました。
というわけで、再び「京都日帰りの旅」となった我が家です。前回と異なるのは、その計画が、当日ではなく、前日に立てられたということ。そのため、事前チケットを準備し、当日は早めの出発予定となりました。と言っても、当日出発では、どんなに頑張っても開館前に並ぶという時間には到着しないんですけどね。

京都市美術館で開催されていた展覧会は・・・
 ■ ルーブル美術館展;日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の神髄
 ■ マグリット展

一度に2つの大きな展覧会を開催するあたりが都会だなあ・・・と感じた母です。ルーブル美術館展では、フェルメールの「天文学者」が日本初公開で話題になっていましたが、郁が興味を持ったのは「マグリット展」の方。美術の教科書に必ず載っている「マグリット」。郁の好きな「ピレネーの城」も展示されているみたいです。母としては、やはりマグリットといえば「大家族」ですね。
まあ、同じ美術館でやっているということでルーブル美術館展のチケットも一緒に購入して、出発した我が家でした。




京都市美術館2015
京都市美術館本館(昭和6年に着工、昭和8年に竣工)
京博ほどではありませんが、それでもやはり歴史のある建物でした。ただ、京博と同じで、特別展の時は人が多すぎて、その建物の良さを鑑賞することは難しいのです・・・。



スポンサーサイト
【 2015/09/23 】 中学3年生 | TB(-) | CM(2)