今日はヴァイオリン日和 <大学受験編>

高校生の娘と母の日々の想いを綴っています。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101
月別アーカイブ  【 2014年12月 】 

大晦日2014



毎年、大晦日の朝は、前日に準備しておいた黒豆のお鍋を火にかけるところからスタートします。今日も6:00に火にかけました。くつくつと煮え立つお鍋からそろそろ黒豆のいい匂いがしてきています・・・。おせち作りも一段落ってところです。

郁も、朝はほんの少しだけ手伝っていましたが、やはり気になるのは「冬休みの課題」。英数60ページ近いテキスト(ウイニングウインターPlus)がそれぞれ1冊、国語はオンデマンドの冬期テキストで、英数より少し薄め・・・。この3教科のテキストの量は夏休みとほぼ同じ。これを1週間で仕上げようというのですから、気になって当たり前かと・・・。というわけで、大晦日も正月も課題に追われる郁なのでした。
あっ、でも「紅白」はしっかり見る予定です。裏番組となるEテレの「クラシック・ハイライト 2014」では、小澤征爾指揮の「幻想交響曲(第4楽章)」や山田和樹指揮、樫本大進のソロによる「バイオリン協奏曲 ニ長調 第3楽章(チャイコフスキー)」など、美味しいところがいっぱいで捨てがたく、早々に録画予約しておりました。

さて、今年も残すところもあと数時間となりました。
今年も、ヴァイオリンに明け暮れた郁の1年でした。ブログに書けませんでしたが、12月にはヴァイオリン教室の発表会で、待望のヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲に挑戦しました。久々に見た(聞いた)ソロ演奏でしたが、毎日、朝練、昼錬、放課後練と弾いているだけあって、ずいぶん上手になったなあという印象を受けました。
そして、ヴァイオリンの腕前に反比例して、どんどん低下していた「成績」・・・。なんとか、2学期の期末で上昇の兆しが見えてきました。来年は、いよいよ中学3年生(早いものです・・・)。一貫校といえど、やはり節目の年となります。もうひと頑張りを期待したいと思います。

午前中は晴れていたのですが、午後からは下り坂・・・。寒い新年になりそうです。
どうぞお元気で、よい新年をお迎えください。






グラス赤
読んでいただいてありがとうございました

スポンサーサイト
【 2014/12/31 】 中学2年生 | TB(-) | CM(4)