郁の本棚;中学2年夏休み

今日も朝から暑いですぅ・・・ 
我が家も遂にクーラー生活に突入しました。
その暑さもなんのその、郁は朝からいつも通りお弁当もちで部活です。定演前の強化練習期間継続中。まあ、とりあえず練習場には(楽器のために)クーラーが入っているのが救いですね。

--------------------------------------------

夏休みの課題の一つが読書感想文です。昨年は課題図書で書いた郁ですが、今年はどうするのか・・・。既に課題図書は1冊読んでみたようですが、どうもピンとこなかったのか、まだ、思案中みたいです。

相変わらず、読書に関しては、あれこれと読み漁っている郁なのですが、そんな郁が現在読み進めているのが、司馬遼太郎の「坂の上の雲」です。以前、NHKがドラマとして放映した時に見ていたので、いずれは本を読みたいと思っていたようなのですが、なぜか期末考査終了後から読み始めました。文庫版では全8巻です。現在、郁は4巻目(日露戦争が始まるとき)に入っています。

坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)坂の上の雲〈1〉 (文春文庫)
(1999/01/10)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る



実は、この「坂の上の雲」の第1巻はNHKでドラマが放映されたときに、母が買っていたものでした。読もうと思ったのですが・・・、途中で挫折して本棚に放置していたのを郁が見つけました。母は、やはり歴史小説(?)は苦手です。司馬遼太郎氏に関して言えば、「竜馬がゆく」は、学生時代に読破しましたが、それ以外は読んだことがありません。どちらかと言えば、父の方が得意分野。郁とは「三国志」でも話が盛り上がっていました。母は、三国志はちゃんと読んだことがないので、蚊帳の外だったりします・・・

「坂の上の雲」は維新から日露戦争の勝利に至る明治日本を描いてある小説です。歴史はいろいろなとらえ方ができます。一つの小説として、これをどう感じるのか・・・。ちょっと、読書感想文とするのは難しそうです。



もう1冊、読書感想文には向かない本にはまっています。
それは、「徒然草」。
国語の教科書に載っていたのをきっかけに、全段読みたくなったとか・・・。とはいえ、原文だけというわけにはいかないので、一応対訳ものにしました。

徒然草 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)徒然草 (角川ソフィア文庫―ビギナーズ・クラシックス)
(2002/01)
角川書店

商品詳細を見る


これは、「ビギナーズ」と謳ってあるだけあって、字も大きく、原文にもルビ付きでとても読みやすくなっています。ただ、問題は、全段は入っていないこと・・・。主要部分はきちんと収められているのだと思いますが、郁はどうしても全文が読みたい!ということで、次は、全段入っているものに挑戦するそうです。本によって、解説の仕方が違うので、それもまた面白いかもしれません。
小学生のころに、我が家にあった「マンガ日本の古典 (中公文庫) 」を読破した郁。その後、「21世紀版少年少女古典文学館 (講談社)」も読んでいました。それらの基礎知識が、古文学習のいい導入になっているようです。期末考査の「国語」は古文で結構得点を稼いでいました。これからは、さまさまな古典の原文にtryということになるのでしょうか・・・。

それもいいけど、とりあえず「読書感想文」を書いてほしいと思う母でした。

-----------------------------------

【角川ソフィア文庫 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典】

原文は著名な部分を精選されていてるので、すべてを読みたい場合には不向きですが、中高校生の古典入門書としてはお勧めだと思います。文庫ですが、活字は大きくルビ付きなので朗読もできます。現代語訳も読みやすいようです。
ただし、学習参考書ではないので、古文の文法等の詳細な解説はありません。
「角川ソフィア文庫 ビギナーズ・クラシックス」には、他に「中国の古典」、「近代文学編」、「 日本の思想」のシリーズがあります。 





読書
読んでいただいてありがとうございました
スポンサーサイト
応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ