FC2ブログ

理系脳は作ることはできるのか?!

朝日新聞EduA 7月14日号の特集は、「夏にはぐくむ理系脳」
はなまる学習会の高濱氏によると、「思考力の本質は、見えないものを見る力最後までやり切る力」。そして、それを作るのが「外遊び」なのだそうです。「釣り」、「キャンプ」、「化石堀」、「星空観察」・・・。力学的、科学的な遊びをたくさんやることが、学校での学習につながり、理科が分かるかどうかは、体験の総量で決まると。そして、家庭の理科実験(NPO ガリレオ工房)・・・。

読みながら、「わが家も頑張ったんだけどなぁ・・・」と思う母なのでした。
それでも、理系脳にはならなかった我が家の郁。
「釣り」、「キャンプ」、「星空観察」、「昆虫飼育」・・・いろいろやりました。
小学校2年生の時、近くの公園でセミの幼虫の出てくる穴を見つけました。一晩中かけて、セミの羽化を観察しました。カマキリの飼育のために、その公園に毎日バッタ取りに行きました。昆虫館にも、何回もいきました。田舎なので、星はよく見えます。天文台のある阿蘇のペンションに行ったことも。東京国立科学博物館、科学未来館、科学技術館、自然史博物館・・・、科学館にも、いろいろ行きました。家庭での理科実験。玉ねぎのみじん切り実験、沸騰実験、ゼラチンと寒天の実験・・・いろいろやりましたね。
母はいくらでも書けます。でも、郁はほとんど覚えていません。自然科学系に興味がなかったので。
そんなものです・・・。



スポンサーサイト