FC2ブログ

一口に「GPA」と言っても・・・

9月になり、前期(春学期・夏学期)の成績も出てる大学が多いと思います。
大学の成績は、母時代は優(80以上)、良(70~79)、可(60~69)、不可(60未満)でしたが、いつの間にか90以上が「秀」として独立して5段階となりました。そして、今の大学の成績評価の主流は「GPA」です。

文科省HPによると、GPA制度とは以下のようなものです。
--------------------------------
GPA(grade point average)は、アメリカで行われている学生の成績評価方法の一種です。その一般的な取扱いの例とされているものは、以下のとおりです。
①学生の評価方法として、授業科目ごとの成績評価を5段階(A、B、C、D、E)で評価し、それぞれに対して4、3、2、1、0のグレードポイントを付与し、この単位当たり平均(GPA、グレード・ポイント・アベレージ)を出す。
②単位修得はDでも可能であるが、卒業のためには通算のGPAが2.0以上であることが必要とされる。
③3セメスター(1年半)連続してGPAが2.0未満の学生に対しては、退学勧告がなされる。(ただし、これは突然勧告がなされるわけではなく、学部長等から学習指導・生活指導等を行い、それでも学力不振が続いた場合に退学勧告となる。) 

なお、このような取扱いは、1セメスター(半年)に最低12単位、最高18単位の標準的な履修を課した上で成績評価して行われるのが一般的となっています。
---------------------------------
出典:http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/daigaku/04052801/003.htm

確認してみると、郁大学のGPA制度はこの説明に準じたものです。
gpa

そして、郁大学では、GPA2.0を卒業の目安とされています。つまり、単位は取れていても、すべてがD(60~69)では、卒業はできないということです。
学内では、留学の選考基準に使われたり、ゼミ選択の時の基準として使われるようです。
郁は、院試や就職にも影響があるといっていますが・・。

このGPA制度、実は大学によりGPの算出方法が異なっているのです。最近、他大学のHPを見てそのことに気づきました。
調べてみると、文科省が平成30年3月に「「国内大学のGPAの算定及び活用に係る実態の把握に関する調査研究」の報告を出していました(出典:http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/itaku/1410961.htm)
これによると、本当にいろいろな算出方法があります。
一口に「GPA」と言っても、大学の枠を超えると単純には比較できないなあと感じました。
就職試験や院試では、どう使われているのか・・・、気になる母です。

その調査報告書によると・・・

スポンサーサイト



TOEFL

入学後に大学で受験したTOEFL の結果が分かりました(4月に受験しているのですから、本来はもっと早く結果は出ているはずですが、本人が確認したのが「今」ということなのだと思います)。TOEFLといっても、大学での団体受験なので、TOEFL ITP® テストですけど。
→ スコア:557
TOEFL ITP® テストは667が満点なの、この結果はどの程度なんでしょうね。
というわけで、HPから換算表を探し出しました。
TOEFL ITP® は、4技能測定ではありませんが、ETSはCEFRとTOEFL ITP® テストのマッピング調査を行い、CEFRの4つのレベルとTOEFL ITPテストのスコアを以下のように表示しています。

                  
トフル
出典:TOEFL ITP® 測定するレベル  https://www.cieej.or.jp/toefl/itp/level.html

ということで、郁のスコアは、CEFREではB2になります(下限に近いですが・・・)。
郁は、高校時代に英検準1級(CSE2.0スコア2483)、IELTS6.0というCEFRE 2Bレベルを取得していますから、上がってはいませんが、とりあえず維持はできているということなのかな。TOEFL は、初受験で、結局あまり準備することなく受験したようなので、まあ、こんなところでしょう。

現在、イギリスの短期留学の学内選考に応募準備中の郁。応募にはこのスコアが必要で、併せて、IELTSも出せるようで、そっちも一緒に出すようです。先輩たちの経験だと、スコア500で合格された先輩がいらっしゃるようです。まあ、とりあえず最低の語学力はクリアかな。ただ、それはスタートラインに立てただけで、あとは、提出書類の中身の問題です。

わが家の宅配便事情

郁は後期日程での入学だったので、マンション・アパート探しには苦戦しました(前期は事前予約をしていたのですが、後期はしていなかったので、出遅れました)。結局、オートロック付きは確保しましたが、残念ながら管理人or宅配ボックスはありません。
とはいえ、こちらから宅配便を送る必要があることはあります。そんな時、どうやって宅配便を受け取るか・・・。女の子の一人暮らしなので、さすがに玄関で受け取るというわけにはいきません。そこで、利用することにしたのが、のメンバーズです。

登録すると、携帯で受取場所の変更ができ、自宅ではなく、大学帰りに指定したコンビニや駅の宅配便ロッカーで受けとることができるようになります。大きなものは難しいですが、自転車に乗るぐらい荷物であれば持って帰ることができます。大きなものや重い物の場合には、時間指定をして、マンション1階の玄関まで下りて受け取っています。
メールで、簡単に受取日・時間帯、受取場所の変更・指定ができるので便利なようです。

というわけで、受け取る郁の方は、早い時期に登録して便利に活用していました。
が、送る側の母の方は、ネットで申し込もうと思いつつ、結局そのままになっていましたが、やっと、登録しました。ネットではなく、営業所で・・・。
ホントにもっと早く登録すればよかったと思った母でした


入学して1か月

GWから1週間。週末になっても全く音沙汰のない郁。
「便りがないのは良い便り」とは申しますが、やはり気になる母なのでした・・・。
そして、日曜日の朝、ついに母からラインを送りました。

ライン2


結局、このあと(日曜日の22:50頃)電話がかかってきて、30分近くも話しました。
子離れは、なかなか難しい・・・。とはいえ、女の子ですからね。気になります。
まあ、自分の用事がある時には、ちゃんと連絡が来るのですが・・・。

さて、入学して1か月、オケに正式に入団ししました。
土曜日には、新入生確定の歓迎会が「都会」であったようです。Vnは、大部分が経験者。それも、高校時代のコンマス・コンミス経験者が3人(郁も含めて)もいるとか。さすがに郁は、大学オケではコンミスは狙わないそうですけど。大学での管弦生活の始まりです!!

受験に使ったものを整理しました

このGW中に、郁の大学受験関係のものを整理しました。 
本来、母がやることではありませんが、郁に任せておくといつのなるかわからないので、母がリードさせていただきました。もちろん、郁確認の上でですけど。 
受験生時代、郁は受験勉強をほとんど家ではやらず、郁高や予備校の自習室か図書館でやっていました。ただ、家でやるときには、LDKのダイニングテーブルでやっていたので、LDKには受験参考書等がいっぱい残っていました。すでに、後輩に譲ったものもありますが、それでもまだまだあります。こういうものは、 すっと残していても、最後はごみになるので、使ってもらえるものは有効に使ってほしい。特に、「大学入試センター試験」は、今年度が最後。処分するなら早いほうが良いですから・・・。

というわけで、2日間かけて整理して、最終的に段ボール箱3箱(100冊弱)になりました。
まとめてみると、ホントよく買ったなあ・・・というのが、正直な母の感想。ほとんど使っていないものもありますが、しっかりり使っているものはしっかり使っていました。受験勉強をほとんど家でやっていなかったので、その時には具体的に見えていなかったのですが、ホントによく頑張っていたんだなあ・・・と実感した母でした。

最終的に、段ボールは、着払いで学習参考書専門の買い取り業者に送りました。