英語外部検定試験の選択(その1)

2017年度英検第1回検定試験の申し込み期間中ですね。
昨年は、この時期に学校を通じて申し込んで受験、一次試験で見事に散った郁の「準1級」でしたが、今年は、申し込んでいません。去年学校で受験したGTEC for Studentsの結果から、英語の先生に「郁の状況だと英検よりTOEFL等の方がいいかも」と言われたことを真に受けて、英検以外を考えているみたいです。そうはいっても、郁高では英検以外の外部試験は実施していませんから、そこから先は自分でやるしかないということなのです。
というわけで、ここでは、母の調べもの学習のメモを残しておきます。

------------------------

外部英語検定試験の活用は、私立大学で多く、国公立大の場合はAOや推薦で活用されている印象が多かったのですが、国公立大学の一般入試でも活用が広がっていますね。広島大学は、31年度入試から全学部の一般入試(前期日程・後期日程)を含むすべての入試で外部英語検定試験を活用することを4月に公表しています。外部検定試験を活用する大学は今後さらに増えていくことが予測されてます。それに外部英語検定試験のための勉強をすることは、受験にとってマイナスにはなりませんから、検討してみる価値はあるかなと思います。

CEFR(ヨーロッパ共通参照枠)は、言語能力を評価する国際指標で、最近は検定試験や入試等のレベル判定によく使われていますね。これは、言語能力を初心者のA1からネイティブに近いレベルのC2までの段階別で評価します。評価は、英語の4技能(Reading,Writing,Listening,Speaking)を基本とします。
高校生の語学力は、A2~B1程度が求められています。これは、英検でいえば準2級~2級に相当します。
大学入試の場合は、B2レベルを求められる場合も多いです。前述した広島大学は、核検定試験のB2相当(英検準1級)の得点で、センター試験の英語を満点とみなすとしています。さらに、難関大学になると求められる語学力は高くなり、30年度から始まる一橋大学の全学部対象の推薦入試では、出願資格として、C1レベル(英検1級)を求めています。ここまでいくと、もう通常の高校生では対応できないかなあ・・・という感じですね(まあ、だからこそ、そのレベルの人たちが「推薦」対象となるのですが)。

CEFR2



では、どの外部英語検定試験を選ぶか・・・。大学受験のためなら、志望校がどの試験を活用しているにより選択すべきものは変わります。活用度が高いのは、「英検」、「TOEFL」、「IELTS(Academic Module)」のようですが、「TEAP」も増えてきています。その先を考えれば、大学入学時に英語のクラス分けに利用されるのは「TOEFL」が多く、実際に留学するときには「TOEFL」ではなく「IELTS(Academic Module)」が求められることもあるでしょう。
そう考えれば、「TOEFL」、「IELTS(Academic Module)」あたりがよさそうですね。ただ、「TOEFL iBT 」はパソコンに向かって受験するところが、通常の英検等とは大きく違うところです。「IELTS(Academic Module)」は、スキーピングテストが別日となり、また受験にパスポートが必要となります。また、どちらも、受験できる場所が英検ほど多くはありません。
他に「TOEIC」もありますが、これは一般からビジネスまで幅広いコミュニケーションの力の測定を目的としており、通常、「TOEIC」と言われているのは Listening & Reading Test です。4技能測定のためには、TOEIC® Speaking & Writing Testspeakingも受験する必要があります。

旺文社の分析によれば、一般入試の場合、「IELTS(Academic Module)」や「TEAP」の採択率が増加傾向があるようです。その理由として、各試験会場出の厳しい本人確認と公平な受験環境の提供など、試験運営全体の信頼性が評価されているとしています(旺文社教育情報センター2016/05/27 http://eic.obunsha.co.jp/pdf/exam_info/2016/0526_1.pdf)。これは、昨年度の分析なので、また今年の分析を待ちたいと思います。
しかし、既に高2の郁としては、早急な検討も必要ですから、もう少し考えます・・・(続く)。

追記:これは、あくまでも、英語教育にはど素人の受験生の母のメモですからよろしく・・・(#^.^#)
スポンサーサイト

2月25日

空気は冷たいですが、空は晴れて、いいお天気です。
2月25日、国公立大学一般選抜前期日程の試験日です。

あと2年。郁の二次試験までのカウンターは730日となっています。
2年後の今朝を、希望の地でむかえられるように、今日も頑張ろう!\(^o^)/
郁は部活に、母は仕事にむかいます。


志願倍率


今日は国公立大学の一般選抜(前期・後期)の出願締め切り日ですね。
郁はまだ高校1年生。しかし、郁は、郁なりに自分の志望校・志望学部を決めています。

母としては、やはり気になる志願倍率。おそるおそるHPを確認したところ・・・
第一志望大学・学部は、昨年度より志願者数が大幅UP。150人近くが足きりの対象になりそうな志願者数でした。

・・・・((((;゚Д゚)))))))

志願者数には波があるのだとは思いますが・・・。
とにかく、「行きたい!」大学に行くためには、今はとにかく「今やるべきこと」を頑張るだけです。
今日は予備校。



ザ・予備校

先週、駿台模試の申し込みをした郁。
学校のお昼休みを利用して、予備校の方が模試の申し込み受付をされたそうです。そして、領収書と一緒に渡されたのは、駿台予備校の夏期講習の案内書の入った封筒でした。まだ、5月中旬なのですが・・・。郁は今通っている予備校が気に入っているので、この冊子には興味がなかったのですが、母の方は、先日の参観日に電車で一緒になった同級生のお母さまから駿台予備校の夏期講習会のお話をうかがったばかりだったこともあり、ちょっと見てみました。
その同級生は、通常は地元の東進に通い、長期休暇中の講習会だけ駿台を利用しているとのことでした。講習会だけなら入塾テスト(?)はいらないらしい・・・。

その案内書、A5版のフルカラーの冊子で58ページ。さすが、全国規模の大手予備校だなあと感心した母です。開講される講座数も半端じゃない! 高3・高卒生対象が中心ですが、高1対象講座の「英語」だけでも11講座、「数学」が9講座、その他「国語」、「物理」、「化学」がそれぞれ複数あります。高3になると、レベル別というより大学別の講座もいっぱい・・・。冊子のページ数だけでなく、講座数も、さすが、全国規模の大手予備校=ザ・予備校だなあと感心した母です。ただ、難易度の高い講座はほぼライブ授業ですが、標準レベルだと映像授業も多いみたいですけど・・・。
郁が通っているのは、地元の中堅予備校なので、ここまでは講座数はありません。すでに、郁の同級生の中には、「どこの塾に行くかということより、誰の授業を取るかが重要!」ということで、科目により塾の掛け持ちをしている子がいます(駅の周りに、予備校や塾が並んでいるので掛け持ちもスムーズなようです)。駿台の案内書を見ながら、高3になったら、状況によっては、郁もいろいろ検討することもあるのかも・・・と思った母でした。
今回、郁は、河合塾の模試は申し込まなかった(学校でアナウンスはあったようですが・・・)ので河合塾の案内はもらってこなかったのですが、河合塾も似たようなものなのでしょうね。

郁の通学先のJR駅の周りには、予備校・塾が集まっているところがあります(中学受験から大学受験まで)。駿台、河合塾、代ゼミ、四谷などの大手予備校、そして地元の中堅予備校が複数・・・。地元に比べれば、人口規模が全く違うので、生徒数も格段に多いのですが、駅の周りはやはりすごいです。まさに「ザ・予備校」。選り取り見取りという感じです。
その中から、自分なったものを選ぶ・・・なかなか大変かも。体験授業もありますが、郁の場合は、先輩や同級生の情報が結構役だったみたいです。途中で転塾した経験を持つ先輩のお話とか・・・。あとは、そこに行って、(自分にとって)良い先生に出会えるかが鍵のような気がします。
さてさて郁はどうなんでしょうね。ちょっといい兆しが見えてきたかな 



塾の自習室を活用する

一昨日(日曜日)は朝から、Vn.の個人レッスンにお出かけした郁です。中間考査が近いにもかかわらず、この1週間はお休み(1日お家にいる日)なしで過ごしていました。
疲れないのかなあ・・・。これが、若いということなんでしょうね 

さて、高校生になって初めての定期考査が近づいてきました。同じ学校とはいえ、やはり中学と高校では違うようです。先輩たちからせっせと情報を集めている郁たちです。試験1週間前となり、昨日から部活がなくなりました。

これまでは、部活がない期間はそのまま早めに帰宅していたのですが、その時間では母は駅まで迎えに行くことができないため、郁は自宅最寄り駅からバスを使って帰宅していました。しかし、田舎のためバスの待ち時間やバス停から自宅までの歩く時間を考えると、どうしてもロスが多くなるのが現状でした。早く帰るメリットが少ない・・・。
しかし、今回からは予備校の自習室を利用しています。これが結構便利で・・・。放課後の時間を予備校の自習室で勉強し、通常通りの時間に帰宅することにしました。そうすれば、いつも通り駅に母が迎えに行けるので、時間的なロスは減ります。それ以上に、自宅で1人でやるより、自習室でやる方が集中できることは言うまでもありません。
郁の行っている塾は、郁の学校の生徒が結構多く通っていて、塾で先輩に会うことも多いようです。昨日も、自習室で集中して頑張っている高3の先輩の姿を見かけたそうです(もちろん、声を掛けられる状況ではない・・・)。今日は、中学の時からしっかり頑張っている同級生と一緒だったそうです。そんな姿を見ることも一つの刺激になります。
学年団からは、定期考査2週間前から計画的に勉強するように・・・と言われていますが、郁の場合は部活がなくなる試験1週間前にならないと本格的な試験準備には入りません。とりあえず、その期間、集中してやるための一つにツールが予備校の自習室となることを期待しています。

塾(予備校)を選ぶとき、自習室の存在は大きいと思います。郁の通っている予備校の場合、高校生用の通常の自習室は午後からの使用ですが、高卒生対象のコースもあるので、朝から利用できる自習室もあります。そして、自習室は男女別で、ブース形式になっているようです(席数も多いみたいです)。高校にも自習室はありますが、席数が限られているため、低学年にはなかなか席がとりにくいようですし、使用可能時間も、予備校より制限がかかります。特に、郁のように電車通学をしていると、電車の時間に合わせて行動できる駅前の予備校の自習室は本当に便利だなあと思う母なのでした。