FC2ブログ

教育資金と老後資金

一昨日の朝刊の一面に
「人生100年、蓄えは万全? 『資産寿命』、国が世代別に指針 細る年金、自助促す」
という見出しが・・・。年齢的に気になる話題です。ちなみに、これは、金融審議会『市場ワーキング・グループ』で22日に提示された「『高齢社会における資産形成・管理』報告書(案)」基づいた記事でした。

※金融審議会市場ワーキング・グループ「高齢社会における資産形成・管理」報告書(案)
  https://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/market_wg/siryou/20190522/01.pdf

「平均寿命」、そして「健康寿命」は、よく聞きますが、「資金寿命」は、初めて聞きました。ここでいう「資金」とは、「老後の生活をするための蓄え」のこと。長寿になった日本。高齢化それに伴う認知症の方の増加、少子化で年金等を支える側の人口の減少、非正規雇用の増加・・・と、課題満載。そんな中、国は、その自らの役割である「公助」「共助」の限界を認め(放棄し)、ついに国民自身に「自助」を求めるようになったということのようです。
つまり、「年金」だけを当てにせず、自分の老後の資金は自分で計画的に蓄えていくようにと・・・。
これからは年金だけでは生活費が足りず、夫婦2人の場合、毎月5万円の赤字が・・・。この5万円は蓄えの取り崩しをする必要があるということが書かれていました。定年後30年を年金で生活するとすると、2千万円近くのは蓄えが必要ということに。
以前なら、この額は退職金で補填できたのでしょうけど、最近は退職金額も減ってきているし、非正規雇用の場合はまとまった退職金がないので、なかなか難しい場合も増えてきたのかもしれません。

ちゃんと真面目に年金料を支払っていても、これまでの蓄えを、子どもの教育費、進学費用にすべて使ってしまうと、後が大変・・・という時代ということですね。わが家も、郁の大学進学をきっかけに、「教育資金」と「老後資金」の今後を考えていく必要があることを改めて実感しました。

そんなことを考えながら、通帳の記帳をしたら、郁の前期の授業料が引き落とされていました・・・。



スポンサーサイト



大学生協のアンケートを書いて実感したこと

先日、大学生協から「新入生アンケート」が届きました。
アンケートの主旨は次年度に入学する人たちに役立つデータを提供するためのとこ。そういえば、受験や入学に必要な費用などのデータが、新聞や雑誌などで取り上げられる時には、「大学生協調べ」と書いてあるものが多かったような気がします。「へえ、そうなんだ・・・」という程度でみていたのですが、こうやって、全国の新入生の保護者から情報を得ていたのですね。アンケートをみると、国公私立を問わず「大学生協」のあるすべての大学の新入生が対象になっているみたいです。標本調査ではなく、悉皆調査なのでしょうか。

このアンケート、10ページもあって、文字も設問が結構細かく、面倒くさそうな代物のようです。回収率ってどれくらいなのかなあ・・・と思いつつ、これから最低4年はお世話になる「大学生協」なので、アンケートに協力することにしました。

ファミちゃん♡

                      famityann2
                 ドイツ シュタイフ社とのコラボレーションで生まれた
                 ファミちゃん 復刻版(シリアルナンバー付き)


今のNHK朝ドラのモデルになっているFのキャラクター、ファミちゃん。
たまたまネットで見かけて、思わず買ってしまいました。
実は、Fは中学生になるまで郁のご用達でした。そのころ、フランチャイズのお店が市内にあり、妊娠中にベビーベッドを購入したのが始まりで、お店の方と親しくなり、その後、お洋服をはじめ、下着からコート、靴、帽子、小物に至るまでほぼFで育った郁です。もちろん今も大切にとってある退院時のベビードレスも、ファーストシューズも・・・。

そんな母と郁にとって、ファミちゃんはなじみのある(懐かしい)キャラクター(まあ、郁の時には2代目ファミちゃんでしたが・・・)です。迷わず・・・とは言えませんが、迷いつつも、可愛さに負けて、結局、購入してしまいました。ファミリアチェックのリボンがかわいいです 

一応、大人向けのインテリアのファミちゃん。
さて、これからどうする?





2月25日

今日は2月25日、国公立大学(前期日程)入試の日です。

大学入試センター試験は土日実施なので、毎年、日にちが変わります。しかし、国公立大学の前期試験(2月25~26日)、後期試験(3月12日)は、日にちで決まっているので、曜日に関係なく毎年同じ日に実施されます。
きっと3年後も変わらない。
2019年2月25日(月曜日)。
この日の朝を郁はどこで迎えているのでしょうか。

あと3年です。まだまだあるような気もします。でも、きっと、気が付いたらすぐ・・・なのでしょうね。
志望校を考え始めた今年、初めて、そんなことを考えた母でした。


今日は、郁の先輩たちも、それぞれの志望校で試験に臨まれます。
先輩たちをはじめ、全国の受験生のみなさんがしっかり実力を出せますように。
さあ、母も仕事です!!



追記:
「3年後の今日、どこにいる?」と、郁に尋ねてみました。
郁曰く、「もちろん、○○大!。大丈夫だよ。だって、まだ、365日×3(日)もあるんだよ。それだけあれば、何とかなるって 
・・・この天然の明るさが郁の強みなのでしょう。3年後が楽しみです。




横浜に行ってきた;母が・・・

yokohama2015


【平成27年8月3日(月)の日記】

仕事関連で、横浜 に行ってきました。
パシフィコ横浜と桜木町駅の間をてくてくと歩いたのですが、その途中に帆船日本丸が見えました。後から知ったのですが、その日は、ちょうど総帆展帆の日だったらしく、帰りに畳帆の最後だけ見ることができました(つまり、一番美しいところは見逃したということです)。
それにしても、この「みなとみらい21地区」だけでも、数日間は楽しめそうなところですね(田舎から出てくると、本当に実感します)。おしゃれなお店もいっぱい。母は、何度か来ているのですが、いつも仕事がらみで、観光もショッピングもしていません・・・。家族旅行でも、これまでは、いつも横浜は通り越して、東京・千葉まで行っていた郁一家。今度は、「新横浜」での途中下車もいいかもしれないと思った母でした。

周りは、みんなカップルか、家族連れ。そんな中で、上着を着て1人でいるのも場違いだなあと思いながら歩いていたら、リクルートスーツ姿の学生さん(?)を見かけました。8月1日から就職試験が解禁されて、就職活動真っただ中なのですね。周りがどうであれ、人それぞれ、「今」やらねばならいことがある。「今」やらずに、あとで後悔したくない・・・カップルや家族連れでにぎわう通りを背筋を伸ばして早速と歩いていくリクルートスールの女性を見ながら、そんなことを感じました。たぶん、受験生も同じなのでしょうね。

ということで、我が家の受験生はといえば・・・、母が暑い横浜でお仕事していたころ、郁は郁で大変だったようです・・・
こちらは、また次の記事で・・・。


読んでいただいてありがとうございました