【部活】後輩指導が楽しい♪♪

20160505
  太宰府の梅(平成28年5月 撮影) 


GWは終了し、郁は、一昨日から学校が始まりました。土曜日も部活ではなく授業・・・。
連休前にクラブ集会があり、管弦楽部にも新入部員(中1生)が入りました この中1生たちは、今年の夏からスタートする郁たちの代のオーケストラでオーケストラデビューします。だから、その子たちを育てるのは郁たちの役目。中1指導は高1の役目というのが管弦楽部代々の決まり事です。各楽器の募集定員は事前に決まっているのですが、入部希望者の楽器の割り振りも高1生が行いました。

新入部員は20名弱。郁の担当はヴァイオリン初心者の新入部員3人(みんなの子)。中1生は、中間テストが終わるまでは放課後の延長届が出せないため放課後練の時間は短いのですが、、朝と昼の自主練は参加できます。今までも朝練には行っていた郁ですが、今は「朝練に中1生が来るから、遅れられない!」と、いつも以上に張り切って登校しています。
郁曰く、「後輩指導が楽しくてしょうがない
もちろんこれまでも、後輩(現中3、中2)は入ってきているのですが、自分たちが一から指導する中1生はまた特別なようです。「後輩がわくわくしているのが伝わってくる」と言いながら、それ以上わくわくしているのは指導している郁の方だと思うのは、母だけではないはず・・・。

高1のヴァイオリン3人が、それぞれ数人の中1生の指導を担当しています。課題は同じものを使うようですが、指導方法は個人に任されています。相手が初心者の場合、まずはヴァイオリンの構造、そして構え方・・・から。郁がヴァイオリンを習い始めたときに使っていた「篠崎ヴァイオリン教本vol.1」が活躍しています。個人レッスンを受けている先生にも相談しながら進めているようですが、実は、高1生ヴァイオリン3名は、それぞれ個人レッスンを受けている教室(先生)が違うので、そのあたりの調整も必要。いろいろ工夫しながら、基礎練習のための資料を作っています。郁たちも、自分たちの練習やオケの合奏練習もあるので、中1生につきっきりで教えることはできません。そのため、その間、中1生は自分たちだけで基礎練習をやることになりますから・・・。

部活ができるのもあと1週間。来週からは中間考査前の部活停止期間になります。中間考査が終われば、文化祭に向けてオケの練習も本格化します。今週は、中1生たちが自分たちで基礎練習ができるようになるための基本を伝えていくことになりそうです。



続きを読む

スポンサーサイト

春合宿

今週は部活の春合宿です。
合宿は3泊4日で、実は中学校の修学旅行より長いのです。とはいえ、今回で3回目の参加となりますから本人は慣れたものなのですが・・・。今回は、中学校は卒業し、高校は入学前というなんともまあ中途半端な時期での参加です。一応、3月31日までは中学生なので制服は中学校の制服着用、合宿許可願も中学校の担任の印鑑で提出しています。郁曰く、「中学校卒業のOBとしての参加」という位置づけだとか・・・。

合宿先は、公的な宿泊訓練施設。ホテルと違って、石鹸・シャンプーから、バスタオル、パジャマ、スリッパまで持参(今年はハンガーも複数持参)。基本は制服ライフですが、朝は運動の時間があるので運動靴に体操用のジャージ、BBQ用の私服等・・・とにかく大荷物。そして、忘れてならないのが、楽譜とヴァイオリン(大型楽器のみ楽器搬送車にて搬送)。これが主役です。
中1冬の「○○ふぇす」以来、郁のご愛用のキャリーはあまり大きくないので、この時ばかりは行きからすでにサブバック付きです。まあ、帰りにお土産を買うとかはないので、これ以上荷物は増えないのですが、減る予定もない。持参したお菓子(夜のパート会用)を消費すれば、帰りは少し軽くなるかな・・・という程度です。

これから、4日間、管弦漬けの毎日です。もちろんテレビも、ゲームもなし。ついでに、お勉強もなし・・・
6:00起床、運動、朝食のあと8:30~12:00まで練習して、昼食後13:00~17:00まで練習して、夕食、入浴が終わってから19:00~21:00まで練習して、そのあとパート会で22:00就寝・・・の繰り返し(3日目の午後だけBBQで交流会)。本当に好きでないとできません。重いのにチャイ5のスコアやKREUTZERの教本までしっかり持っていっていました。
新学期になると、忙しくなってもう文化祭までに強化練習期間が取れません。そのため、この合宿で、メインの交響曲やサブの主の曲はとりあえず通しでいけるように仕上げるようです。

先日まで、春休みの強化練習がありました。連日、練習でへろへろだった郁、もう、「好き」とか「楽しい」とか言っているレベルではなく、「先輩、まじ怖すぎ~」って言っていました。そういえば、昨年秋に参加した学生オーケストラ(Sオケ→こちら)の時にも、似たようなことを言ってましたね。みんなで音楽を創るというのはそう簡単なことではありません。
文化祭まであと3か月、定期演奏会まであと4か月半、その間に定期テストが2回。もちろんプロのようにはいきませんが、スクールオケにはスクールオケとしての目標があり、中途半端な出来で終わらせるわけにはいかないのです。だから、できるときに頑張る・・・それが春合宿。


とりあえず、お天気は大丈夫そうなので一安心ですが、朝夕はまだまだ冷えるようです。夜はホールでの合奏の練習で、暖房が入っても結構冷えるとか・・・。みんな体調を崩さずに帰ってきてくださいね。
合宿から帰れば、1週間で入学式・始業式、そして、翌日はみんな仲良く課題テストです。

続きを読む

部活便り;中3/9月

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

管弦楽部の春

  (20+α)人

今年の管弦楽部の中学での新入部員の人数です。やったね
中高合わせて、100人越え?!
先輩や顧問の先生から「よくやった!」、「よく入れた!」、「よかったね!」と感謝とお褒め(?)の言葉をいただいた郁たち3年生でした。

管弦楽部の場合、中学1年生に個別勧誘することや仮入部に来た子を勧誘することは原則としてしません(できません)。そのため、新歓での演奏でどれだけ1年生の関心を集めることができるか・・・そこがポイントとなります。どちらかというと、みんなが知っている曲をやった方が入部者が増えると言われていました。しかし、今年郁たちが選んだ曲は、楽しくノリはいい曲でしたが、知っていた1年生はそんなにいなかったのでは・・・と思える曲(→曲はこちら)でした。その意味では、ちょっとだけ心配していた郁たちでしたが、ふたを開けてみれば・・・



仮入部期間が終わり、先日、新入部員と初めて対面しました。この日は時間がなく、本来は歓迎の演奏をするはずだったのですが、お互いの自己紹介のみで終了となったそうです。ちなみに、ヴァイオリンは7人とか(・・・多い?! 経験者有)。これから8月の定期演奏会が終わるまで、1年生は基礎練習の日々が続きます。それを指導するのは主に高校1年生のお仕事(→詳細はこちら)。郁たちは、文化祭、そしてその先の今期のオケのフィナーレ(定演)に向けての総練習が中心・・・。郁たちが、後輩を基礎錬から指導するのは1年先です。それでも、やはり1年生はかわいい



201502141



元々、郁の学校の管弦は入学前から知っている人も多く、郁のように入学前から入部希望の子も少なくないのだと思います。校内で一番規模が大きく、そして一番厳しい(きつい)部活です。運動部よりも活動日が多く、拘束時間が長い・・・。そんな中でも、管弦への思い入れや比重のかけ方は人それぞれ・・・。

中学生の新入生が入る一方で、高校1年生に進級された先輩が2人、退部されました
その先輩の一人から、「決して『管弦』が嫌いなわけではない。でも、(今は、私は)あそこまでできない・・・。だから、『管弦』が嫌いになる前にやめるの」
そんなメッセージが届いたそうです。色々と考えた末の決断だったのでしょう。既に、高校1年生は次期オケの運営学年としての役決め、曲決めに入っているそうです(この夏の定演終了後の8月後半から運営学年となります)。そして中1の基礎錬指導も・・・。もちろん、高校の授業も容赦なく進みます。中学の時のようにはいきません。次の受験は、文句なく全国区で競うことになるのですから・・・。

高校入学は一つの区切りです。
管弦をやりきることを選ぶのも、管弦をやめて新しい高校生活を選ぶのも、そのどちらもありです。自分の目標に向かって、どうすべきなのか。迷いつつも、その時点考え、自分で選択をしていきます。だから、さびいけれど、無理には止めない・・・。その新しい選択を応援します。

来年の春、郁たちもそんな時を迎えるのでしょうか。
まあ、郁自身は迷うことはないと思いますが・・・。
楽しいけれど、ちょっぴり寂しい5月の初めの郁でした。






ヴァイオリンブルー
読んでいただいてありがとうございました


今日から!

いよいよ今日から、日本青年館で、第21回全国高等学校選抜オーケストラフェスタ(通称:オケフェス)が始まります。今年は全国72校と1団体、約4000人の生徒さんたちが出場予定だそうです(HPより)。今朝早く、郁たちも会場に向けて出発しました。
宿泊する夜は夕食交流会、最終日には交流のある学校を訪問しての交流、合同演奏が予定されています。

期末試験のあと、毎日、練習でへろへろだった郁です。仕上げに向けて、今期のトレーナーの先輩は、例年になく怖かったようで・・・。それでも、引退した先輩たちが差し入れを持って応援に来てくださったり、卒業生が技術指導に来てくださったりと、フォーロー体制もしっかりありました。

さて、いよいよ本番です。
オケフェスは、コンクールではないので競い合うわけではありません。各校の技量には差がありますが、舞台の上で自分たちの最高の演奏を披露することがみんなの目標です。そして、お互いの演奏を聴きあい、メッセージを書く・・・。交流会も含めて、他校の生徒さんたちからいろいろな刺激をもらって、成長できる場になっています。中学生の時から参加できる郁たちには特に貴重な学びの場ですね。

みんな、自分たちの最高の演奏ができますように・・・。






onnnanoko
読んでいただいてありがとうございました
応援 ありがとう♪♪
♪ ようこそ ♪
お時間の許す限りごゆっくり・・・

現在の閲覧者数:
ご訪問ありがとう♪
プロフィール

郁の母

Author:郁の母
日中は田舎の小さな大学で働いていますが、うちに帰ると受験生の母でもあります(*^。^*)。
娘の郁は、高校2年生。管弦楽部と学業を両立して、目標高く、難関国立大学合格を目指します!

あと何日・・・?


最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ