【Z会】我が家の活用法

Z会とは、小学校3年生の時からのお付き合いなので5年目となります。もちろん、その間、ずっと順調だったわけでありませんが、最近は添削問題が溜まることはなくなっています

10月号から、ライト→レギュラーに変更したので、添削問題の量は倍になりました。解答用紙は、全部でA4版(両面)12枚、つまり1科目4枚です。これが今月の課題となります。

ただ、郁の場合は、計画的にやるのではなく、とにかく、問題が届いたら、時間がある時にどんどんやるというパターンです。解答用紙1枚の標準解答時間は30~40分、いまのところそれ以上時間がかかることはないので、1時間あれば2枚終わります(早ければ30分で2枚 なんてことも・・・ )。単純計算すると、1か月6時間です。まあ、この程度なら、なんとかなる?
自分の好きな科目からやるので、順序としては、当然「国語」→「英語」→「数学」。
先日届いた10月分は、すでに8/12枚は投函済みですが、その内訳は、国語4枚(今月分終了)、英語3枚(残り1枚)、数学1枚(残り3枚)。実は、この配分は、母が英語の最後の1枚より先に数学をやるように助言した結果です。ほっといたら、たぶん「英語」も終了して、「数学」だけが4枚残されたのでしょう・・・。まだ、提出目標日までには時間がかなりありますので、それでもいいのですが、でもやっぱり科目間のバランスも必要かと思う母です。

---------------------------------------

数学は、学校とZ会は抜きつ抜かれつの関係。だから、いつもテキスト(Z Study サポート)を開くことなく、まず、添削問題にtryし、そこで、わからないことが出た時に初めてテキストを開いています(やり方は、他の科目も同じ)。HPでは、「要点ポイント映像」という『Z Study サポート』の各単元で押さえておくべき重要ポイントを解説している映像授業をみることもできますが、今のところ郁には必要がないみたいで見たことはありません。元来、こういう面倒くさいことはしないタイプですから・・・。
ちなみに、今月の数学は「平面図形1」で、直線と角度、並行と垂直と円です。
最初は「∠ABC」とか「△DEF」とかの記号表記が入っていて、一見難しそうに思った郁でしたが、図と合わせてよく見れば、訊かれていることは見えてきたみたいで・・・、さっさと1枚分の問題を解いてしまいました。こういう時には、まだ中学受験の時に身に着けた知識と技術が役立っているみたいです 

Z会のHPのMyPageでは、先に、その月の教材の解説一覧(解説と模範解答)を見ることができます。そのため。郁の答案を事前に確認することも可能です。勘違い等で解答の方向性があまりにも違っている場合には、助言するため母が先に見て使うこともあります(ごくまれに・・・)。
今月は、国語の古文で「醒酔笑」から笑い話が出題されていたのですが、どうしてもこの話の「落ち」がよくわからず悩んでいたので、そこを一緒に考えるために、事前に母が現代語訳に目を通して話の流れを理解するのに使いました。郁は、いつもLDKの食卓台で勉強をしているので、その間、できるだけ母は同じ部屋にいて、HPで郁のやっている問題とその解説を読んだりしています。
この「解説と模範解答」は、翌月の添削問題と一緒に送付されてくるのですが、それより先に見ることができることで活用の仕方は広がりますね。

しかし、テキストや演習問題集はほとんど手付かず・・・。
こちらが活用できるようになると、更に効果が上がるように思いますが、まあ、あまり欲張らず、出来ることから片づけることが大切。ただ、これで、定期テストの点が上がるなどの直接的な「効果」は、はっきりとはわかりません(母は、あまり期待していません)。母としては、もっと長~い目で見ていくべきものと位置付けています。
母の目論見としては、いずれ、すべてを現在の「ハイレベル」から「トップレベル」に上げて、もう少ししっかり腰を据えて考えていただこうかと・・・考えています 



☆読んでいただいて、ありがとうございました
       bennkyou
                        素材のプチッチhttp://putiya.com/


にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ

スポンサーサイト

【Z会】「考える力」を養う方法?;とりあえず量を増やしてみる

先日、Z会から8月分の成績冊子兼添削済み答案(デジタル方式)が届きました。
受講しているのは中高一貫コースの3科目(ライト)。8月号は夏休み中ということで、どの科目もこれまでのまとめ・総合演習でした。すでに学校でも学習済みの単元なので、まあそれなりにできて当たり前。

成績冊子には出題内容別評価があって、弱点がよく見えます。
特に、郁の場合、分野別得点状況でみると、できている分野とできていない分野がくっきり分かれています。たとえば、英語では、「冠詞theの使用法」と「形容詞」がそれぞれ0%、33%で低く、「一般動詞の文、疑問文、否定文」、「waht」、「someとany」は100%です。数学では、明らかに「一次方程式」より「文字式」が苦手です(一次方程式:48/50、文字式:38/50)。郁自身、「文字式は嫌い。方程式はおもしろい」と言っていますので、それがそのまま反映された結果でした。また、難易度別得点状況でみると、教科書基礎レベル、教科書標準レベルは100%ですが、入試基礎レベルになると55%に下がっています。こうしてみてみると、ちゃんと計るべきものが計れている問題のようです。


Z会の通信教育は「『考える力』を養う良問」と言われています。
しかし、郁が添削問題をやっているところを見ていると、「本当に考えているの?」とちょっと疑問になります。進度がほぼ学校と同じのため、ZSUTUDYサポートも確認することなく、いきなり添削問題に挑戦。15~20分程度の隙間時間で添削問題1枚をとっと終わらせてしまっています。まあ、分量がライトで問題数が少ないこともあるのですが(標準解答時間30分)、母としては、もう少し、じっくり時間かけて取り組むことを期待していました。
なにしろ、学校の宿題がほとんどないので、家での学習時間がない日が多い郁なのです。明らかに、小学校時代より勉強時間が減っている・・・


とにかく添削問題を期限までに提出することを目標としている郁です。
とりあえず、これは通信教育の第一歩として重要です。しかし、それだけが目標になってしまったのでは、せっかくのZ会の学習システムが有効に活用されていないような気がします。ZSUTUDYサポートも演習問題集も一緒に活用してこそ効果が出るのでは・・・。でも、現状で添削問題は目標点を十分クリアしてしまっています。だから、郁にとってはそれ以上やる必要性が見えない・・・。見直しも、できている問題は簡単に済ませるので、深まらない・・・。
通信教育は、すぐに効果が見えるものではありません。学校の成績と直結することは少なく、将来に向けての実力養成の意味が大きいと思っています。特に中高一貫コースは大学受験がターゲットですから・・・。だから、細くても長く続けていくことに意味があるのだと思います。だから、毎回添削問題を解いていることだけでも、たぶん意味はあるはずです。それは頭では分かっていても、見えないものは、ついつい疑いたくなってしまう母です。

そこで、いくつかの案を考えました。
①ZSUTUDYサポートや演習問題を先にやって、添削問題で満点を目指すこと。
②添削問題の量を増やすことで、今よりも多くの問題を解く経験をすること。
③問題のレベルを上げて、時間をかけて考えないと解けない問題にすること。

郁とも話し合った結果、まず②と③の一部を実行するすることにしました。
分量を「ライト」から「レギュラー」に変更し、「スタンダード」だった数学を「ハイレベル」にあげました。数学の教科書標準レベルまでは、学校の学習でほぼクリアーしていると考えられましたので、Z会では、もう一歩上の問題を考えて解くようにすることにしました。英語と国語はすでに「ハイレベル」に設定していますので今回は保留(さずがに、今、「トップレベル」にする勇気はありません・・・)。
結局、添削問題の量が増えた分、学習時間が長くなるので、ちょっとは勉強しているように見える・・・。このことにより、母の安心感がupする・・・というだけなのかもしれませんが。まあ、問題を解いて無駄になることはないので良しとすることにします

10月号からの変更です。これでやってみて、また検討します。




読んでいただいてありがとうございました
ヴァイオリンブルー



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ

我が家のZ会事情;2013年6月

先日、溜まっていた4月号からのZ会の添削問題をすべて投函し終えました 
最後は、封筒に12枚一緒に入れたので、140円(定形外料金)になってしまいました。
レベルの低いお話で申し訳ありません・・・。

郁は、部活と塾の併用なので、分量はライトと少ない方を選択しています。1回の添削問題の解答用紙はA4両面1枚だけ。問題数が少ないので、やり始めれば本当に短時間で終わります(1枚10~15分弱)。とにかく計画的に添削問題に取り組む時間を生活に組み込むことが必要でした。それさえできれば、とりあえずできました。

6月号まですべて終えてみて、中学受験コースの時のように時間をかけて格闘しなければならない問題は、いまのところないため、解いている郁としてはちょっと物足りない感じがあるようです。だからって、完璧に解けているわけではないのだと思いますが・・・。ただ、母としても、あまりにも短時間でやり終えてしまうので、これで本当に考える学力UPにつながるのかどうかちょっと疑問になってしまいます。
中学受験コースの時があまりにも大変だったので・・・、郁も母も、そのギャップにまだ戸惑っているようなところがあります。中学受験コースと中高一貫校コースでは、目指すものが違うので、その学習方法が違っているのは当たり前なのですが・・・。

しかし、添削サイクルは提出して採点してもらったら終わりではありません。答案用紙が返却されたら、添削された答案用紙を確認しながら、躓きの確認と復習がしっかりできてこそ意味があるはずです。とりあえず提出はできたので、次のステップは、ここですね。ここをしっかりすることで、母と郁の戸惑いも減るのかもしれません。


我が家は、原則6か月契約。いつも契約が切れる時期に、これまでを振り返り、次をどうするか考えてきました(もちろん、受講途中でも、中止や変更は可能です)。
現在の契約は8月まで。9月からをどうするか・・・。
郁としては、レベルUPが希望のようです。現在、数学は「スタンダード」、英語と国語は「ハイレベル」です。いっそ、すべて「トップレベル」にして、ちょっとは悩んでいただいた方がいいのかも・・・なんて考えたりもします。
Z会の我が家の受講目的をどこに設定するかで、レベルの決め方も変わりますね。取り組み方も・・・。
今後、そのあたりも含めて、返却された答案の状況から検討する予定です。

とりあえず、7月も遅れずに投函するのが目標です 




 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ