先輩から頭ぐりぐり・・・(*^。^*)v

郁曰く、
「今日も、先輩に頭ぐりぐりされたよ~(*^。^*)v」

---------------------------

朝、A先輩に出会う。
「おはようございます!」と元気にごあいさつ。
A先輩、「おはよう。今日も元気がいいねぇ」と笑いながら、頭ぐりぐり・・・

高校校舎にある教務部に出席簿を取りに行く。
雨でぬれた教務部前の廊下で、滑って転んだ郁。
後ろから、B先輩が、「大丈夫?!」と声をかけてくれる。
あわてて立ち上がった郁に、「頭、打ったりしなくてよかったね。」と、頭ぐりぐり・・・
郁のクラスの出席簿を取ってくれながら、「1年〇組、時間割変更が出ているよ。」と教えてくれる。

文化祭のクラス企画の練習で、部活動をお休みしていた時、廊下でC先輩に出会う。
「クラス企画の練習、頑張っているね。」と声を掛けられる。開放廊下で練習していると、声が聞こえるらしい。「部活の方は大丈夫だから、クラス企画、頑張って。」と、頭ぐりぐり・・・

-------------------------------

こんなエピソードを聴きながら、先輩たちの優しさが伝わってくる「頭ぐりぐり」だなあ・・・と感じました。一人っ子の郁にとっては、こんな縦の関係はとてもありがたいです。頭ぐりぐりされて、撫でられた子犬のように喜ぶ郁の様子が目に浮かびます
身長150cm弱、ショートヘアの鳥の巣頭の郁ですから、ぐりぐりするには手ごろなのかも・・・。


この先輩たちは、みんな高校2年生。彼らには、中学校1年生は、まだまだ幼くかわいく見えるのかもしれませんね(小学校で言えば、1年生と5年生の年の差ですから・・・)。そして、振り返れば、自分たちもみんな通ってきた道。

高校2年生は、この1年間、運営学年として部活動を引っ張ってきました。そして、この夏の定期演奏会が終了したら、管弦楽部を引退します。学外の大ホールで行われる定期演奏会が、彼らにとって、この学校での最後の舞台。今、その準備が進んでいます。郁たち中学校1年生は、高校2年生の引退後にオーケストラメンバーに入ることになるので、実は、この高校2年生の先輩と一緒に舞台の上で演奏することはないのです。

管弦楽部は、部活動の中では、結構、厳しくて、大変だと思われているようです。でも、郁は、この3か月で、尊敬できる多くの先輩に出会えました。
「今日はね、〇○先輩に基礎練を見てもらったよ!」
「〇○先輩に褒められたよ!!」、「〇○先輩は、すごいんだよ~!!」
・・・郁の口から「先輩」という言葉が出てこない日はありません。


よく「虐待の連鎖」とか「暴力の連鎖」とか言いますが、「『優しさ』の連鎖」もあるのだと思います。
たぶん、先輩たちもそうやってつなげてきたものだから・・・。
郁も、先輩の頭ぐりぐりから受けとった「優しさ」や「暖かさ」と、練習の厳しさから受け取った「管弦楽への思い」を、しっかり受け止めて、次につなげていくことでしょう。

4年後、郁はどんな「先輩」になっているのでしょうか。
ちょっと楽しみです。



 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ
スポンサーサイト

祝;オーケストラ・デビュー

250616


今朝、郁はいつも通り、お弁当を持って朝から学校へ行きました。

今日は、管弦楽部の他校との交流会です。
県外高校の管弦楽部が、郁の学校に来校し、合同練習、合同演奏やリクレーションを行うのです。
普段は、まだオーケストラとしての演奏に入れない郁たち1年生も、今回の合同演奏には参加します。

 オーケストラ デビュー 

他校との合同演奏曲は「オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ(Ob-La-Di, Ob-La-Da)」
ビートルズのポップな楽曲です。

1年生は、それぞれの技術に応じて、各パート(の一部)を担当します。
そのために、先週は1年生にも練習参加の招集がかかりました。
郁は、経験者なので、2nd violin として参加します。violin初心者の1年生は、開放弦のみで弾くようになっているそうです。クラシックとは違って、ホップなリズムに乗った演奏です。練習では、途中でリズムを見失ったといっていた郁。昨日は、家でも、譜読みをし直し、練習していました。こういう時は、本当に自発的やってますね。

来校されるのは隣県の公立高校なので、高校生だけ(当たり前・・・)なのですが、管弦楽部の規模は同じくらいのようです。オーケスタラフェスタ等を通じて以前から交流がある学校です。今日はどれくらいの人数が来校されるのかはわかりませんが、楽器を持っての移動ですから大変です。
合同パート練習はいろいろな教室等に別れていて、冷房が入りそうですが、合同演奏は人数が人数だけに、体育館なのだそうです。体育館は、当然(?)冷房が効かない(講堂だと冷房が効くのですが、ステージが狭すぎる)。そのため、涼しい格好で来るようにとの連絡がありました(そういわれても、制服は制服なのですが・・・)。

今日も暑くなりそうです。
みんな熱中症にならないように注意して、楽しんでくださいね。



 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ

「管弦楽部」一時お休み中???

中間考査終了後、頭の中は「文化祭」一色の郁。というよりも、学校そのものが「文化祭」に向かって動いている・・・って感じみたいです(もちろん、「授業」は「授業」として進んでいますし、SHRテストもありますけど・・・)。郁は、完全下校時間までの放課後の時間を、部活動ではなく、文化祭のクラス企画の準備に使っています。



中間考査最終日にはヴァイオリンをもって行った郁なのですが、「管弦楽」の方はいいの?

--------------------

現在、管弦楽部の方も、文化祭、その後の定期演奏会に向けて各曲の総仕上げの時期に入っていて、1年生の指導にまでは手が回らない部分もあり、1年生は現在、特に参加義務をさせられていないようです。また、「文化祭」当日も、1年生に仕事はないらしく、先輩から「(管弦楽部の演奏を)聞きに来てもいいけれど、他に回りたいところがあったら行ってもいいよ。」と言われたとのこと・・・。それって???

実は、管弦楽部の活動サイクルは4月の新学年開始時ではなく、8月の定期演奏会を基準にして回っています。現在、管弦楽部は第37期のメンバーが演奏活動をしています。この第37期は昨年の8月の定期演奏会終了後、その時の高校1年生(現在の高校2年生)が中心となって演奏する曲目選択や練習メニュー等を作ってきました。そして、その活動は、オーケストラフェスタや文化祭等を経て、今年の8月の「定期演奏会」でフィナーレを迎えます。管弦楽部前期予定表では定期演奏会の翌日が高校2年生の引退式です(その後、2年生は練習に自由参加することはできるようですが、もう、オーケストラメンバーとして活動することはないそうです)。
郁たち中学1年生は、その引退式後に結成される第38期のメンバーとして正式にオーケストラデビューすることになります。その時に中心リーダーとなるのが現在の高校1年生、つまり郁たちの仮入部の時のお世話係だった先輩たちということです。
・・・なぜ高校1年生がお世話係だったのだろうと不思議だった母ですが、
   なるほど、そういうシステムだったのねと納得

実質の活動期間は4年間です。短いようですが、その間はオーケストラメンバーの1人として自分のパートの責任をしっかりと果たしていくことが求められますから、生半可な気持ちではできません。高校2年の夏という早い時期に引退する理由はここにあるのかもしれません。そろそろ次のステップに向けての活動が始まる時期ですから・・・。


とりあえず今は了解のもとで「管弦楽部」一時休止中だった郁ですが、そろそろクラス企画の目途もついてきたようです。そろそろヴァイオリンに戻るのかな・・・?



 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村


育児・中学生 ブログランキングへ

管弦楽部に入部しました

ゴールデンウィークも行ってしまいましたね。いよいよ今日から、学校もお仕事もスタートです。
先日提出した入部届が、受理され、連休前に正式に管弦楽部の部員となれた郁。今朝は、はりきってヴァイオリンを背負っていきました。無事に「ヴァイオリン」になれたようです。

郁の話だと、30名近い1年生が入部したようです。
それぞれ希望の楽器はあるものの、オーケストラの編成から、各楽器の人数はある程度決まっているため、今年の1年生が入れる枠は基本的には引退した3年生の枠となります。だから、今年度は募集のない楽器も・・・。担当楽器を決めるのは、顧問の先生ですが、それを決めるための材料として重要なのが、仮入部期間の様々な楽器体験の様子なのだそうです。弦と管、それそれ特徴があり、やはり合う合わない・・・もある。そのため、新入生のお世話役の高校1年生は、新入生に仮入部期間に様々な楽器体験をさせて、観察しているのだそうだ。仮入部の時、一応第4希望まで書いて出している新入生。人気は、弦ならヴァイオリン、管ならフルートだそうです。
郁のような経験者は、経験のある楽器になる場合が多いようですが、なかなか第一希望の楽器になれない場合も多いのかもしれません・・・。ただ、多くの子どもたちは、これから先輩の指導で一から始めることになります。たぶん、やり始めたら、これまで知らなかったその楽器の良さを感じることができて、好きになっていくのでしょうね。がんばれ1年生! 郁も、夏までは「基礎練習」をみっちりやることになります。


1年生は、中間テストが終わるまでは放課後の延長届が出せないため、今しばらくは17時完全下校のままだそうです。そのため放課後の部活の時間は短いのですが、、朝と昼の自主練は参加可ということで、郁は指導担当の先輩に既にお願いしてきたそうです。いよいよ郁の部活生活の始まりです


 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村

「入部届」に4つの捺印が・・・

昨日は、剣道部の仮入部見学に行った郁。運動は大の苦手の郁、決して剣道部に入ろうというのではないのですが、経験者のクラスメイトが仮入部で練習をするので、それを見学に行ったようです。初めて、身近で竹刀の音を聞いて感動していました。

さて、いよいよ仮入部期間も終わります。
昨日は、「入部届」をもらってきていました。この「入部届」、事前に保護者の許可が必要というのは聞いていましたが・・・、その用紙を見て母はびっくり 
「入部届」に捺印の欄が4つあるではありませんか!!
1つ目は「保護者」の署名と捺印。2つ目は「担任」の署名と捺印、3つ目は「部の顧問」の署名と捺印、4つ目は「生徒部」の担当者の署名と捺印。
たかが「入部届」、されど「入部届」です。
部活動の説明の時に、「『退部』は、あまり望ましくないので、仮入部期間に、しっかりいろいろな部活動を経験して、よく考えてから入部すること」という注意があったそうです。この流れから行くと、「退部届」も同じように4つの捺印経路を通るのでしょうね。郁の話だと、担任面接もあるとか・・・。確かに、簡単には「退部」出来そうもありません・・・。

母の中学、高校時代の部活動を思い返しても、届け出を用紙できちんとしたかどうか・・・も記憶がありません。ましてや、「担任」の届け出たりはしていなかったような・・・。
まあ、郁の学校は遠距離通学生も少なくないので、部活でも完全下校時間がきっちり定められています。そんなこともあって、しっかり届出管理されているのかもしれません。

ちなみに、部活動は強制ではありません(希望者のみ)。しかし、ほとんどの子がどこかの部に所属しているようです。郁は、昨夜、迷うことなく「管弦楽部」と書き、本日提出する準備をしていました。もちろん、保護者の署名、捺印もしました。入部許可が出れば、連休明けから部活動開始となります。



 読んでいただいてありがとうございました 



にほんブログ村 子育てブログ 中学生の子へ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 中高一貫校の子へ
にほんブログ村