FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「健康診断」の季節

学校はどこも健康診断の季節ですね。
学校保健安全法では毎年6月30日までにその年の児童・生徒健康診断を行うことを定めていますから・・・(笑。

郁中高の驚きの健康診断の話を初めて聞きました。
毎年4月~5月のある1日の午後の2コマ分が着替えの必要ない健康診断(内科健診以外)の時間となります。あわせて、体力制定もこの時間に行います。そのため、体操服に着替えた6学年全24クラスが同時スタート。各クラス毎に、最初にいくところ(受診する科とか測定する種目とか)だけは決まっているのですが、あとは自由。自分の健康診断票と体力測定票をもって、制限時間内にすべてを終えるのが課題・・・なのだそうです。結果として、特別教室棟と研修棟、そして体育館の間を900人以上の生徒が走り周ることに・・・。壮大なスタンプラリー・・・?!

高校生になると、スマホが使用できるので、クラスライン、学年ラインで各場所の込み具合を確認しながら動いていくのだそうです。「空いている」という情報が流れると、結構そこに人が集中するので、逆にその裏をかく作戦に出るとか・・・。要領のいい友達を見つけて一緒に動くと効率がいいらしい。早く終われば、その残り時間はフリーとなります。
中学生は、スマホの使用が認められていないので、込み具合がわからない。しかし、始まる前に先生から、「込み具合は、高校生に聞けば分かるから」との助言があるらしく、とにかく知り合いの先輩を見つけて状況確認をしながら動くことに。管弦楽部は部員数が半端なく多いので、この際、パートは違ってもとにかく見たことある先輩なら捕まえる・・・のだそうです。

入学直後の中1生もこのシステムで健康診断と体力テストを受けます。まだ、部活の入部期間前なので、まだ知っている先輩もいない子が多く、初体験の前代未聞の健康診断に、もう半べそ状態の子も。郁は、中1に時には、仮入部で見たことある先輩の声をかけて、いろいろ教えてもらったのだそうです。
高校生の側からすると、中1生はホントにかわいくて、困っていると助けずにはいられない存在・・・。しかし、中学生に付き合いすぎると、自分の課題が時間内に終わらず、あとで先生から叱られることになります。中学入学組の郁たちの場合は、今年で6日目の「健康診断・体力測定スタンプラリー」です。終えられなければ、「いったい何回やっているんだ!」と叱られます。
それでも、かわいいかわいい中1生を見捨ることのできない高校生です。

もう一つ、、郁中高の健康診断の特徴は、卒業生が多いということ。どういう基準で学校医が選ばれているのかはわかりませんが、医学科進学率が高く、医師の卒業生には困らない郁中高。学校医になりたいという人も多いとか・・・。健診の合間に医師同士が、高校時代の話をしていたりすることもあるようです。

そんな楽しい「健康診断・体力測定スタンプラリー」も、高3生の郁たちにとっては今年が最後になります。
卒業まで1年を切った郁たち。考えてみれば、これから、こうして様々なことが「最後」になっていくのですね。
始まったばかりの高3生活。充実にした時間をしっかり過ごしてほしいなあと、あらためて感じた母でした。

スポンサーサイト

高3の教科書

終業式の日に高3で使用する教科書類を持ち帰りました。
と言っても、検定教科書は2冊、コミュニケーション英語3と古典Aのみでした・・・

文理混合クラスの郁高。高3になって、クラス単位で受ける主要科目の授業は、「現文Ⅱ」、「古典B」、「コミⅢ」「英表2」のみ。このうち、「コミⅢ」以外の科目は、2年生の時からの継続科目なので、教科書の新規購入はありません。地歴公民科目には、カリキュラム上は高3で新規履修となるものもあるのですが、実際には高1の歴公民科目履修時に教科書は購入済み、ついでに一部は関連して履修済みらしい・・・

「古典A」は、文系の選択科目の教科書(理系選択のお友だちは、もう少し検定教科書の数が多かったようですが、それでも去年までに比べれば圧倒的に少なかったようです)。つまり、文系選択の郁たちは、地歴公民の一部科目を除いて受験に必要な科目は、ほぼ履修済みということです。
検定教科書以上の多かったのは、演習問題集類。数学ⅠA・ⅡB、古文、漢文、現文、地学基礎、英語各種・・・。授業も今以上に「受験」を意識したものになるのでしょうね。いよいよ名実ともに「受験生」。

高3のスタートは2週間後です。


高2 無事修了?!

【いつの間にか広告が入っていました。久々の記事です。】

昨日、郁は高2の3学期の終業式を無事に終えました。

終業式を終えて帰宅後、郁曰く、「今日は、初めての2階席だった!!」

この時期、高3生と中3生が既に卒業し、4学年しかいない郁中高。3学期だけは、中高合同での終業式です。なぜそれまでは別々なのかというと・・・、「講堂」が小さくて、全学年が入れないのです。郁中高の講堂は、歴史的にも意義のある建物なのですが、如何せん可愛過ぎる・・・。行事で1階席だけでは座れない時は、最高学年が2階席となります。
ということで、終業式では郁たちが2階席になったというわけです。
そうです。つまり、郁たちが最高学年?!!  ・・・w( ̄o ̄)w 早いなあ・・・

まだ、通知表は届きませんけど、一応、4月からはめでたく「高校3年生」になれる予定。
この学校で学ぶのも、ホントにあと1年なんだなあと実感した母です。
ちなみに、2年生も無事に皆勤です。あと1年頑張れば、「皆勤賞」も夢じゃない!!

17歳の献血

遅ればせながら、やっと17歳になった郁。
先日、お友だちと一緒に献血ルームに行き、初献血を体験してきました。

実は、この献血計画は、ずいぶん前から決まっていました。そのきっかけは・・・
「塾友」、塾で同じ授業を取っている公立TOP高のCちゃんです。

医学科志望のCちゃん、奉仕精神にあふれていて(?)、郁から見ると、将来は「神様のカルテ」を超えて世界へ「国境なき医師団」にもいきそうな勢いが・・・。そんなCちゃん、既に献血ルームの常連。献血するには、その間隔が決まっていて、なおかつ4回/年までらしいのですが、きっちりその上限まで行っているらしいのです。
塾でそんな話を聞くうちに、なぜか「入試休み(たまたま郁高入試とCちゃん高の推薦入試に重なりがあった)に一緒に行こう!」ということになったのだそうです。

実は、郁は自分の血液型を知りません。これまで、調べる機会がなく、いろんな書類を出す時に「不明」と書いていました。一度、小児科で調べてもらおうとしたのですが、先生が「わざわざ痛い思いをしなくても、何かのついでに調べればいいことだから」と言われそのままになっていました。ありがたいことに元気に育ってくれて、病院に行くこともほとんどなかったので、未だにわからず。
そんなこともあって、奉仕精神良いうより、「献血すれば血液型がわかる!」というところに魅力を感じていくことにしたようです。
本来、献血は、血液検査目的でやってはいけないことになっていますが、「血液型が知りたい」というは他に影響はないので、許していただけるでしょう。

というわけで、Cちゃんと郁、そして同じ郁高の塾友(医学科志望)のBちゃんの3人で、献血ルームに出かけました。常連のCちゃんは、前回の献血からまだ間隔があいていないため今回はできません。あくまでも、郁たちの案内役。
初体験の郁とBちゃん。まず、受付で説明を受けて、問診へ。最近は、紙ではなくタブレット入力での問診回答。その結果をもとに医師の問診と血圧測定へと進みます。
問診は、若い女医さんだったそうです。初体験の高校生ということもあり、とても丁寧に説明してくださったようです。献血で使う針の実物(見本?)も見せてもらいました。
「すごい! 太い!! 向こう側が見える!!」と目を輝かす郁。実際に触らせてもらったそうです。恐いとか痛そうとか・・・そんな思いは全くなく、興味津々って感じだったそうで、問診の先生も・・・びっくり???
血圧もOK。そして、事前採決のため腕を出すと、今度は採決担当の看護師さんがびっくり?!。両腕とも正中線上にくっきりと浮き出ている血管が。採血練習用の見本になれそうな腕でした。実は、母の腕も同じで病院ではいつも喜ばれています。遺伝かなあ・・・。
そんなわけで、すんなり採血。ここでも興奮する郁。「すごーい。血って黒いんだぁ!」(・・・そりゃあね、ここで採血しているのは静脈血ですからね)。HbもOKで、無事に献血採血に進みました。採血量は200ml。
そして、終了後、休憩室でとにかく水分を取るように勧められ、いっぱい飲まされた郁なのでした。
知りたかった血液型については、検査のところで、実際に目の前で凝集検査をしてくださったそうです。その結果・・・、どちらも凝集しないとわかりました。

一連の献血の様子をみたCちゃん。
「針も採血も、血も平気なんだね。しっかり医者向きだね!」
・・・?!
どうも、Cちゃんは郁も医学科志望と勘違いしていたようです。
そこで、郁が将来の希望を伝えると、Cちゃん曰く、「それなら、紛争地帯で必要な時に誰にでも血液をあげられるね!」
・・・?! それはそれで、ちょっと違うような気もしますが、とりあえず「血液型」が判明し、安心した郁なのでした。

ちなみに、一緒に行ったBちゃん。
血管が細く採血できなかったそうです。緊張も強かったようで。
また、暖かくなってからリベンジに行くそうです。

受験勉強にはメリハリが必要?!

2019年センター試験まで、あと364日。
気が付いたら、来年のセンター試験までホントに1年を切っていました。

年明けから、受験勉強を少しだけ意識して、自習室に行く時間を増やしている郁です。
センター試験同日体験受験(東進)の結果出て、現時点での自分の達成度がみえました。とりあえず、スタート地点に立てたので、ここからです。目標は、センター試験得点率90%。まだまだ遠い道のりですが、志望校に行きたければ頑張るしかないね。

とはいえ、1年間受験勉強をし続けるというのは大変です。そこにはメリハリが必要。
郁は、郁なりにちょっとびっくりするメリハリをつけています・・・。
それは、「勉強は予備校の自習室と通学中の電車の中でやる。」ということです。
それ自体は特に問題はないのですが、
その裏にあるのが「・・・だから、家では勉強しない!!
ということだったのです。

・・・ええっ?!!
ホントに、予備校から帰ってきてからは、全くやっていません。居間で、ゆったりと携帯でゲームしてます。とても、受験生のいる家の風景とは思えない・・・Σ( ̄。 ̄ノ)ノ。まあ、帰宅するのが22:00ぐらいだったりする日も多いのですが、もっと早く帰宅する日も同じです。いいのかなあ・・・。これまでは、通学中の電車の中でやっていたらしいのですが、そこを勉強時間に充てるので、その代わりに・・・ということらしい。いずれ、変わるのかもしれませんが。

先日は、お友だちと片道3時間以上かけて隣県に遊びに行っていました。新幹線を使えば片道1時間で行けるのに・・・。高校生だからみんなお金ないのはわかるけど。インフル全盛期の今、それする?
そして、昨日は、お友だちと初ライブ! 
ダメもとで、先行予約に応募したら、運よく当たって、それも2階席の最前列。初ライブの素人にお隣さんがいろいろ教えてくれたそうです。会場では学校や塾のお友だちにも結構出会ったようです。普段は、こんな話はしないけど、みんな意外と知らない一面があることが判明・・・。
受験勉強にも息抜きは必要。そして、こういう日は自習室に行かないので、当然勉強時間は0だったりする。

ちょっとメリハリ付け過ぎの感はあるけど。これでいいのかなあ・・・σ(^_^;)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。