FC2ブログ

【受験振り返り】文理選択のこと

今回の記事は、2016年7月(郁=高1)に、別館の方で限定記事として書いたもののリメイク版です。

--------------------------------------
郁高では、2年生になるときに文理選択をします。
SSHがあり、1学年のうちの1割以上が国立医学科に進学するという郁高の「理系」は半端なく、理系を選択すると、高3では、もれなく「数学Ⅲ 7単位」が付いてくるというありがたいカリキュラムでした。そして、逆に、文系を選択すると、基礎を付さない理科の履修はできないという限定付き。これって、結構、究極の選択に近かったりする・・・。

そんな郁高の考え方としては(先生も保護者も)、「数学」が、「できる・できない」ラインが、文理選択の一つの目安(?)らしい・・・。では、その「できる・できない」ラインはどこで引くの?
個人面談と懇談会での先生のお話から、郁高のラインが少し見えました。

郁高の「数学」の試験は、教科書と副教材がすべてできるようになっても、発展的な入試レベルの問題が数問出題されるので、普通の人には100点は取れないように作られています(担任も断言されていました)。郁が、中間テストで教科書と副教材(4Step)を3回やって臨んだにもかかわらず、「この問題、いったいどこからどう考えればいいの・・・???」という問題があり、結果として8割弱しかとれなかったことからも明らかです(まあ、中学校の時も同じような傾向だったので、いまさら驚きませんが・・・)。
つまり、それまで学んだことを元に、未知(初見)の難問を解く能力が求められています(数学のセンス?)。たぶん、ここがクリアーできるかどうかが、先生たちの考える「理系」「文系」の一つの分かれ道なのです。定期テストの難問・奇問は、その見極め材料の一つだったりするようです。たかが「定期テスト」、されど「定期テスト」。成績評価以上の深~い意味があるらしい。



にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

TOEICとTOEFL、そしてIELTS

今月初め、大学入学共通テストで活用される民間の英語資格・検定試験に、TOEICが参加しないことが明らかになりました。
この時期に・・・? ホントに前途多難の共通テストです。

さて、最近は、大学入学時点での英語習熟度を評価するために、入学式前後に英語資格・検定試験を受験させる大学が増えています。郁大学では新入生全員がTOEFL(ITP)を受験していました。郁たちは、2年生の春にもう一度TOEFL(ITP)を受験することが義務付けられており、そこで1年間の英語能力の伸びを確認するようです。ては、TOEFLではなくTOEIC(IPテスト)を入学者全員に課しているところもあります。全体としては、こちらを受験している大学の方が多い印象があります。
TOEFLとTOEIC・・・、どう違うのかなあ。


にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村



理系脳は作ることはできるのか?!

朝日新聞EduA 7月14日号の特集は、「夏にはぐくむ理系脳」
はなまる学習会の高濱氏によると、「思考力の本質は、見えないものを見る力最後までやり切る力」。そして、それを作るのが「外遊び」なのだそうです。「釣り」、「キャンプ」、「化石堀」、「星空観察」・・・。力学的、科学的な遊びをたくさんやることが、学校での学習につながり、理科が分かるかどうかは、体験の総量で決まると。そして、家庭の理科実験(NPO ガリレオ工房)・・・。

読みながら、「わが家も頑張ったんだけどなぁ・・・」と思う母なのでした。
それでも、理系脳にはならなかった我が家の郁。
「釣り」、「キャンプ」、「星空観察」、「昆虫飼育」・・・いろいろやりました。
小学校2年生の時、近くの公園でセミの幼虫の出てくる穴を見つけました。一晩中かけて、セミの羽化を観察しました。カマキリの飼育のために、その公園に毎日バッタ取りに行きました。昆虫館にも、何回もいきました。田舎なので、星はよく見えます。天文台のある阿蘇のペンションに行ったことも。東京国立科学博物館、科学未来館、科学技術館、自然史博物館・・・、科学館にも、いろいろ行きました。家庭での理科実験。玉ねぎのみじん切り実験、沸騰実験、ゼラチンと寒天の実験・・・いろいろやりましたね。
母はいくらでも書けます。でも、郁はほとんど覚えていません。自然科学系に興味がなかったので。
そんなものです・・・。



課題満載?!共通テスト : バイト学生が入試の採点?!!

NHKのニュースが言っていました。「共通テスト」採点をバイト学生が行うと・・・。
正直言って、耳を疑いました。w( ̄o ̄)w
大学入試センターのHPで確かめようと思いましたが、どこに書いてあるのか、ちょっと確認するには時間が要りそうだったので、とりあえずNHKのHPで確認。NHKのニュースサイトにも掲載されているのだから、正しい情報なのでしょうね。

「国語」の記述式問題、文章を読んだうえで、最大120字の問題が3つ出され評価は5段階で行われます。段階評価で、1点刻みではないとはいえ、入試ではA判定とB判定で点数換算に差が出るわけで・・・。そこには、正確性と公正さが求められます。


現在の大学入試センター試験は50万人以上が受験する入試です。コンピュータ判定だからこそ、あの短時間で正確で公正な点数を出せるのです。人が採点していたら、あんな短時間では採点できません。
受験生の多い私立大学は、一般入試ではマークシート方式や選択式の解答方法を使っているところが多いように思います。それが、大量の答案を短時間で、正確で公正に採点する唯一の方法だからではないのでしょうか。実際に、国立の二次試験では記述式の試験が行われることが多いですが、数百人の受験生の答案でさえ、採点には時間がかかります。2月25,26日に二次試験を行って、合格発表は概ね3月8日~10日です。試験から、合格発表までほぼ10日かかっています。この間、どれくらいの数の大学教員が、缶詰状態で採点をしていることか・・・。さらに、共通テストのような120字程度の記述であれば、少なくとも2人以上の教員が別々に採点して、採点の信頼性を確保しているはずです。

NHKによると、50万人の解答を20日で採点し終えるためには、1万人の採点者が必要なのだそうです。
1年に20日だけとすると、究極の短期間労働者です。だから、バイトの大学生・・・。大学生でないとしても、やはりバイト???
非正規労働者が増加している日本。ついに、入試の採点も非正規労働者が行うことになるの?!
別に非正規雇用がだめというのではありませんが、学歴や経歴、背景の異なる人たちが集まって、ホントに同じ基準で採点ができるのか、採点結果のばらつきを、どう確認し、どう調整するのか・・・という不安が残ります。そもそも、大学生の学歴って、まだ大学は卒業していないので、「高卒」ですよね。


マークシートでは、見えない学力を計りたいという思いは理解できないことはいのですが、ただその採点結果の信頼性をどう保証できるのか、そこは、今になってもまだ大きな課題として残っているように感じます。
つい先日、英語4技能検定試験からTOEICが下りたばかり。

まだまだ、前途多難、課題満載の2021(令和3)年度入試です。

TOEFL

入学後に大学で受験したTOEFL の結果が分かりました(4月に受験しているのですから、本来はもっと早く結果は出ているはずですが、本人が確認したのが「今」ということなのだと思います)。TOEFLといっても、大学での団体受験なので、TOEFL ITP® テストですけど。
→ スコア:557
TOEFL ITP® テストは667が満点なの、この結果はどの程度なんでしょうね。
というわけで、HPから換算表を探し出しました。
TOEFL ITP® は、4技能測定ではありませんが、ETSはCEFRとTOEFL ITP® テストのマッピング調査を行い、CEFRの4つのレベルとTOEFL ITPテストのスコアを以下のように表示しています。

                  
トフル
出典:TOEFL ITP® 測定するレベル  https://www.cieej.or.jp/toefl/itp/level.html

ということで、郁のスコアは、CEFREではB2になります(下限に近いですが・・・)。
郁は、高校時代に英検準1級(CSE2.0スコア2483)、IELTS6.0というCEFRE 2Bレベルを取得していますから、上がってはいませんが、とりあえず維持はできているということなのかな。TOEFL は、初受験で、結局あまり準備することなく受験したようなので、まあ、こんなところでしょう。

現在、イギリスの短期留学の学内選考に応募準備中の郁。応募にはこのスコアが必要で、併せて、IELTSも出せるようで、そっちも一緒に出すようです。先輩たちの経験だと、スコア500で合格された先輩がいらっしゃるようです。まあ、とりあえず最低の語学力はクリアかな。ただ、それはスタートラインに立てただけで、あとは、提出書類の中身の問題です。