FC2ブログ

二次試験で、どこまでなら逆転可能か

二次試験の配点の高い難関大学の場合、「センター試験で失敗しても二次試験での逆転がありうる!」と言われることがあります。そんな体験談も載っていたりします。しかし、ホントに可能なのか、どれくらいであれば逆転可能なのか・・・。郁が受験生になるころ、母はそんなことに興味を持ち、データを探してみました。

Benesse 駿台データネットのHPに「難関大学動向」というページがあります。そのページでは、難関10大学と全国国公立大学医学部医学科の志望者数、度数分布、分析レポートが公表されています。その中で興味深いのが「度数分布」です。昨年の受験報告結果をもとに、センター試験の得点ごとに合格者、不合格者の人数が示されています。

母がこの分析をしたのは、郁が高2の2月なので、ここで例に示すデータは2018年入試の結果ですが、年度が違っても動向はほぼ変わらないのではないかと思います。ただし、センター試験の平均点により、基準のなる点数は変化します。このA大学B学部の場合、Benesse 駿台データネット2020では、B判定は232点、C判定は226点となっていました。

ここからは、郁が高2の時に書いたブログから引用します。

---------------------------

Benesse 駿台の把握した2018年A大学B学部の第一志望者数は588人。
そのうち傾斜配点換算190点以上(270点満点)の人のデータをグラフにしてみました。HPに示されているデータは累積度数でしたので、それを階級別度数に計算しなおしたものを使っています。ほぼ正規分布していますね。

度数分布1

A~C判定の合計は210人(定員155人)で、志望者の35.7%でした。つまり、半分以上の人はD判定以下。そして、この210人という数字は、既に定員オーバーです。Benesse/駿台が把握している人の中だけでも・・・です。実際の志望者はもっと多いはず。となると、C判定はもとより、B判定ですら決して安泰とは言えないということです。

そこで、昨年度の合格者と不合格者のセンター試験の得点(傾斜配点270点満点)を比較してみました。
スポンサーサイト



地方からの国公立大学の出願;後期日程について(1)

国公立大学の出願が始まっています。今日は、「大安」だったので、出願書類を発送した方も多かったのではないでしょうか。去年、我が家はこの時期の「大安」を逃したので、月末の「先勝」の午前中に発送しました。気持ちの問題だけなんですけどね。。

さて、今回の話題は「後期日程」の出願についてです。
ご存知のように、前期日程、後期日程ともに出願期間は同じです。
第1志望大学は、基本的には前期日程で出願します。となると、後期は第2志望大学と考えがちですが、同じ大学の同じ学部であっても、多様な学生に入学してもらうために前期日程と後期日程では試験科目や配点を変えています。二次試験だけでなく、センター試験の使い方(活用される教科科目数や配点など)も違う場合が多いので、センター試験の科目ごとの得点率と二次試験内容を検討した上で、第1志望大学に前後期とも出願するのもありです。実際に郁の同級生には、前期はダメで、後期で合格したという人がいます。
ただ、難関大学は、後期日程を行わないところが増えています。旧帝大で後期日程があるのは、日本の両端の2校だけです。郁の志望大学、志望学部は後期日程がありませんでした。だから、どうしても第1志望大学に行きたければ、後期は出願せず、前期でダメなら浪人して、翌年再びトライするということになります(もちろん私立大という選択肢もありますが・・・)。
そして、もう一つの選択肢が、後期日程で国公立の第2志望大学に出願するということです。

出願時点で「第1志望に合格しなければ浪人する」と言っていても、これから実際に試験に臨んでいく中で、気持ちは変わっていくこともあります。何が起こるのかが分からないのが大学受験です。
出願していても、受験しないという選択はできます。受験して、合格しても、やはり第1志望大学があきらめきれず、もう1年頑張りたいという気持ちがあるのならば、入学を辞退することもできます。
しかし、出願していなければ絶対に受験はできません。
受験料は余分にかかります。しかし、それも「保険」の一つだと考えて、出願しておくということもありなのではないかと思う母です。

最後の「大学入試センター試験」終了!

令和2年度大学入試センター試験が、無事終了しましたね。
受験生の皆さんは、もう自己採点が終わった頃でしょうか。
明日は、センターリサーチに自己採点結果を提出する高校も多いのではないかと思います(特に進学校の場合は)。

昨年、我が家の郁も高校を通じて2つのセンターリサーチに提出をしていました。
昨年の提出者数は、河合塾のセンターリサーチは約43万人、Benesse-駿台のデータネットは約44万人(最も提出者の多い「英語(筆記)」の人数)で、センター試験の受験者の8割近い人が提出していたことになります。特に、国公立志願者の提出率は高いように思います。
これだけの受験生が提出しているので、判定結果だけでなく、出願予定者のどのくらいの位置にいるのかも、出願先の検討には役立ったような気がします。今年は、「最後」のセンター試験ということで、浪人を避けるために「安全圏」の大学を狙う人が増えるのではないかと言われています。その影響で、センターリサーチの動向も変わるのでしょうか。
圧倒的に二次試験の配点の高い大学の場合は、センターで高得点が取れていても、全然安心はできません。ただ、足切りの心配だけはなくなりすけど。

出願先が決まらないと、二次試験対策ができません。 

郁には、高1の時からずっと目指していた大学がありました。受験前から、センター試験の結果が足切りラインを越えたら、迷わず出願すると決めていました。ただ、もしもの時のに出願する可能性ある大学も事前に検討だけはしていました(母が)。
結果的に、自己採点の結果は、余裕で(例年の)足切りラインは越えていたので、センターリサーチの結果を待たず、センター翌日から本格的に二次対策を始めていました。

前期日程まであと36日!
センター試験が目標点まで取れた人も、残念ながら目標点までいかなかった人も、気持ちを切り替えて次に向かっていくしかありません。
特に、二次試験に教科の筆記試験のある大学を受験する場合には、過去問対策は必要です。同じ科目でも、大学により、出題傾向が異なるので(偏差値や難易度に関わらず)

頑張れ! 受験生!!



センター2020

昨年の今ごろ:受験生真っ只中でした

最後のセンター試験まで、あと1月を切りました。最後の追い込みの時期ですね。
昨年の今頃、我が家の郁も受験生の真っ只中でした。

昨年の今頃のブログ記事です。

       
---------------------------
昨日は、最後の三者面談でした。
朝の一番最初の時間だったので、予定時間より少し早めに始まりました。

郁が事前に出していた出願予定校一覧と、成績と合否判定システムが入ったパソコンを前に、担任の「もう、出願校は決まっているんだよね。」という一言からスタートした三者面談。「最初から、ここまで全く志望校が全くぶれないのはすごい」と、褒められているのか、あきれられているのか、諦められているのか、よくわからないお言葉もいただきました・・・。
センター試験で扱けたら・・・なんていうお話は全くなく、どちらかというと、あと3週間でどれだけ上げられるか・・・というお話でした。どこまでも、前向きな郁高です。
目標は、得点率88%。これだけ取れても、国立A大とB大のセンター利用は、簡単にはいきませんが、C大、国立D大後期はいけるのでは・・・というラインのようです(E大は、現時点でも、ほぼOK)。となると、あと最低でも50点UPが必要。ほぼ暗記科目である地歴公民と理科①、あとは英語の精度UP、そして最後は、日々やっている数学がどこまで上がるか・・・。3学期のセンタートレーニングで最終確認です。

併願私立も、センター利用のみ3校(B、C、E)ということでOKをもらいました。結局、お試し受験等なく、いきなり国立前期の本命受験となりますが、そこは全く問題視はされませんでした。センター試験が終わったら、A大の二次対策に専念し、それが終わってからD大の後期対策となります。これだと、後期対策は、実質10日ぐらいしか取れませんが、仕方ありませんね。ただ、後期は小論文という名の英語と国語の論述試験で、郁にとってはどちらかというと得意領域なのが救いです(だからこそ、選んだということもあります)。

結局、担任と郁が話しただけで、母の出る幕のない三者面談でした。面談の最後に、今後の予定を確認し、事前にお願いしていた併願私立3校用の調査書をいただき、終了しました。所要時間20分弱。あとは、センターリサーチの結果を受けて、二者面談を行い、出願校が確定したところで、国立用の調査書を受け取ることになります(調査書の封筒の表には、大学名が記載されていますので)。
いよいよ、年明けの私立の出願に向けて準備開始です。!!

---------------------------

この時期、もうとにかくやるしかないです。
あとで後悔することがないよう自分なりに頑張るしかありません。
センターは、やれば確実に上がります。特に、文系の場合、理科①や地歴公民はこれからです。

本番のセンター試験に落ち着いていつも通りの状態で臨むためには、自分なりにやれることは全部やったと思えることが必要な気がします。行きたい大学があるのであれば、結果を心配するよりも、今はただ前を向いてセンター対策に集中しましょう。
郁も、昨年のこの時期、黙々とセンター対策だけをやっていました。
そして、郁は、センター本番で目標の得点率をクリアーしました。

一口に「GPA」と言っても・・・

9月になり、前期(春学期・夏学期)の成績も出てる大学が多いと思います。
大学の成績は、母時代は優(80以上)、良(70~79)、可(60~69)、不可(60未満)でしたが、いつの間にか90以上が「秀」として独立して5段階となりました。そして、今の大学の成績評価の主流は「GPA」です。

文科省HPによると、GPA制度とは以下のようなものです。
--------------------------------
GPA(grade point average)は、アメリカで行われている学生の成績評価方法の一種です。その一般的な取扱いの例とされているものは、以下のとおりです。
①学生の評価方法として、授業科目ごとの成績評価を5段階(A、B、C、D、E)で評価し、それぞれに対して4、3、2、1、0のグレードポイントを付与し、この単位当たり平均(GPA、グレード・ポイント・アベレージ)を出す。
②単位修得はDでも可能であるが、卒業のためには通算のGPAが2.0以上であることが必要とされる。
③3セメスター(1年半)連続してGPAが2.0未満の学生に対しては、退学勧告がなされる。(ただし、これは突然勧告がなされるわけではなく、学部長等から学習指導・生活指導等を行い、それでも学力不振が続いた場合に退学勧告となる。) 

なお、このような取扱いは、1セメスター(半年)に最低12単位、最高18単位の標準的な履修を課した上で成績評価して行われるのが一般的となっています。
---------------------------------
出典:http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/daigaku/04052801/003.htm

確認してみると、郁大学のGPA制度はこの説明に準じたものです。
gpa

そして、郁大学では、GPA2.0を卒業の目安とされています。つまり、単位は取れていても、すべてがD(60~69)では、卒業はできないということです。
学内では、留学の選考基準に使われたり、ゼミ選択の時の基準として使われるようです。
郁は、院試や就職にも影響があるといっていますが・・。

このGPA制度、実は大学によりGPの算出方法が異なっているのです。最近、他大学のHPを見てそのことに気づきました。
調べてみると、文科省が平成30年3月に「「国内大学のGPAの算定及び活用に係る実態の把握に関する調査研究」の報告を出していました(出典:http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/itaku/1410961.htm)
これによると、本当にいろいろな算出方法があります。
一口に「GPA」と言っても、大学の枠を超えると単純には比較できないなあと感じました。
就職試験や院試では、どう使われているのか・・・、気になる母です。

その調査報告書によると・・・